固定回線代わりに使える格安SIM【レンタル/再販SIM】の比較

大容量格安SIM

MVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMは料金の安さが売りですが、魅力的な大容量データプランが用意されていません。

現状では、大手キャリアの無制限または大容量プランに頼るしかありません。

そこで、注目したいのがSoftBankの「再販SIM」。

再販SIMとはキャリア(SoftBank)が事業者向けに卸したSIM。MVNOが利用するキャリアのサブ回線と異なり、メイン回線を事業者経由で契約できるSIMです。

最大100GBのデータ専用SIMが、MVNOよりも速く、キャリアよりも安く利用できます。

再販SIMは固定回線代わりにも十分使えます。

スポンサーリンク

大容量データ再販SIMのレンタルプラン

大容量データ通信が可能なSoftBankの再販SIMは、以下の事業者から契約期間なし、解約金なしで契約できます。

プラン 初期費用 100GB
FUJI SIM 3,300円 4,290円 50GB:3,190円,20GB:2,310円
ChatWiFi 4,378円 50GB:3,718円,25GB:3,278円
Nomad SIM 3,300円 50GB:3,740円
※上記料金はクーポンコードが必要な場合があります

初月のみ、オプション加入が必須なプランがあります。詳細は各公式サイト(リンク先)にてご確認ください。

通信速度はキャリア(SoftBank)回線と同じ。SMS利用はNGです。

FUJI SIM

事務手数料:3,300円

月額料金
  • 100ギガプラン:4,290円
  • 50ギガプラン:3,190円
  • 20ギガプラン:2,310円
  • 10ギガプラン:1,628円
詳しくはコチラ
  • 安心サポートPremium for SIM:330円/月

以上のオプション加入が初月は必須になります。

「FUJI SIM」を提供するのは株式会社レグルス。2010年9月に設立された会社です。

モバイルWiFiルーターのレンタルで実績がある会社。SIMレンタルサービスは新興企業が多い中、実績と事業規模からみれば、運営面では最も「FUJI SIM」が安心できます。

 

2020年7月1日より
docomoau30GB、12GBプランがラインナップされました
※速度が速い「再販SIM」はSoftBank回線SIMだけです!

Chat WiFi-SIM

事務手数料:4,378円

月額料金
  • 50ギガプラン:3,718円
  • 25ギガプラン:3,278円
詳しくはコチラ
  1. Chat補償SIMだけ330円/月
  2. Chatセキュリティ:550円/月
  3. Chatバックアップ:550円/月

以上のオプション加入が初月は必須になります。

「Chat WiFi-SIM」を提供するのは株式会社LIBAROCUS。2019年1月に設立された会社です。

NOMAD SIM

事務手数料:3,300円

月額料金
  • 50Gプラン:3,740円
詳しくはコチラ

「NOMAD SIM」を提供するのは株式会社Nomad Works。2019年5月に設立された会社です。

再販SIM+MVNO最安プラン通話付SIM

現在提供されている再販SIMは、SoftBank回線のデータ専用SIM。MVNO回線ではなく、直のSoftbank回線です。

キャリア回線より速度が劣ると言われているMVNO回線よりも、再販SIMは通信速度が速いです。

再販SIMが一番活躍するのはSIMフリーWiFiルーター。固定回線代わりに使えます。スマホで利用する場合は、DS(デュアルSIM)対応スマホが最適です。

MVNOの通話付の最安プランと再販SIMの組み合わせが最安最強です。

通話付SIMの候補

通話機能+大容量データ通信が月額5,000円以内で実現できます

再販SIMのテザリング

再販SIMにテザリングのオプションはありません。

Android機種の場合
テザリング機能は利用可能。ただし、動作保証とサポートは対象外。

iOS機種(iPhone、iPad)の場合
テザリングは利用不可。

SIMフリーWiFiルーターでも使えます(保証対象外)。

タイトルとURLをコピーしました