安くなった?【WiMAX2+料金比較】電気通信事業法の改正後編

WiMAX2+

「WiMAX 2+」サービスはUQコミュニケーションズ以外に、MVNO事業者(プロバイダ)からも提供されています。

WEBから契約手続きができるプロバイダは、2019年10月時点で13社。

提供するサービス内容は様々です。

料金比較をするには、本家本元の「UQ WiMAX」を基準とするのがわかりやすいです。

2019年10月1日に「電気通信事業法の一部を改正する法律(以下「改正電気通信事業法」)」が施行され、料金プラン等が規制されました。

高額な解約金付きの複数年縛りは禁止、自動更新は選択制。

ただし、すべての事業者が対象ではありません。ユーザー数が100万以下の事業者は対象外です。

この記事では、2019年10月以降に各プロバイダから公表されている「WiMAX 2+」の料金を比較してみます。

※以下表示価格は税抜き

従来の「WiMAX 2+」料金プラン

改正電気通信事業法が施行される前のWiMAX 2+料金プランは、高額違約金のある3年契約が主流。端末代金は月額料金に込みまたはタダ同然でした。

仮に「UQ WiMAX」の月額料金を定価とすると、その料金よりも安くまたは高額キャッシュバックを提供するのがMVNO(プロバイダ)。

キャッシュバック込みで月額料金を平均すると、お得なプロバイダは3社に限定されてました。

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • (@nifty WiMAX)

※@nifty WiMAXは改正法前より高額キャッシュバックがなくなりました

 

UQ WiMAXの旧料金プランはコチラ
【新ギガ放題】UQ WiMAX 2+は果たして安くなったのか?
2019年10月1日より、「UQ WiMAX 2+」の料金が刷新されました。 「UQ Flatツープラス」は新規の申し込みを終了。 新『ギガ放題』が始まりました。 新料金プランは...

改正電気通信事業法の対象事業者

「WiMAX 2+」サービスの事業者として改正電気通信事業法の対象となるのは2社のみ

  • UQコミュニケーションズ
  • BIGLOBE

通信料金と端末代金は分離され、料金プランは刷新されました。

電気通信事業法の一部を改正する法律(改正法)禁止行為のまとめ
「電気通信事業法の一部を改正する法律」が2019年10月1日に施行されました。 「利用者が通信料金と端末料金それぞれを単独で比較・選択できるようになり、競争が進展することで通信と端末の料金双...

 

両社とも、月間データ量に上限のない『ギガ放題』を提供。従来の月間7GBプランは廃止になりました。

auの4G LTE通信が毎月7GBまで利用できる「ハイスピードプラスエリアモード」は利用した月のみ、月額1,005円かかります。
※事前申し込み不要

UQ WiMAX2+ 料金プラン

UQ WiMAX2+の料金プランは2年契約と契約期間なしの2プラン。料金差は月額170円。2年契約は更に自動更新の有無が選択できます。

更新期間(3ヶ月間)以外に解約した場合は、契約解除料1,000円が必要です。

ギガ放題 月額料金
2年契約 自動更新あり ずっと3,880円
自動更新なし 2年間だけ3,880円
契約期間なし 4,050円

端末代金は全機種15,000円。

BIGLOBE WiMAX2+ 料金プラン

BIGLOBE WiMAX2+の料金プランは1年契約のみです。自動更新はありません。

サービス開始月から12ヶ月目以内の解約は契約解除料1,000円。13ヶ月目以降は解除料なしで解約できます。

ギガ放題1年契約 月額料金 端末代金
クレカ払いプラン 3,980円 800円/月
口座振替プラン 3,980円 19,200円

クレジットカード払いプランは端末代金19,200円が分割払い(800円×24回)。プランは1年契約ですが、2年以内に解約すると端末代金の残債を一括払いしなければなりません。

口座振替プランは端末代金19,200円を一括払い。別途、代金引換手数料400円が必要。

月額料金と端末代金はUQよりも高額ですが、BIGLOBE WiMAX2+は10,000円のキャッシュバックがあります。

 

キャッシュバック特典付
公式サイトで条件を再確認!

 

【BIGLOBE WiMAX 2+】新料金プランは1年契約、解約金1,000円
「BIGLOBE WiMAX 2+」はBIGLOBEの高速無線通信サービス。 BIGLOBEはデータ通信専用のWiMAX 2+のプロバイダです。 WiMAX 2+は工事...

WiMAX2+ 2年間の料金比較(解除料なし)

UQとBIGLOBE、2年間(日割+24ヶ月間)の総支払額で比較してみます。

  • <UQ>15,000円+(日割+3,880円x24)=108,120円+日割
  • <BIGLOBE>19,200円+(0円+3,980円x24)-10,000円=104,720円

BIGLOBEが3,400円以上のお得です。

1年間で比較すると、UQの月額料金が上がるため、更にお得になります。

 

2年間の実質月額料金は

  • <UQ>108,120円/24=4,505円/月
  • <BIGLOBE>104,720円/24=4,363円/月

WiMAX 2+のFlat3年「ギガ放題」

UQとBIGLOBE以外のプロバイダは従来の料金プランのままです。

「ギガ放題」と「月間7GB」のプランを従来通り3年契約で提供しています。端末代金は月額料金に込み。高額な契約解除料も変わりません。

LTEオプションの「ハイスピードプラスエリアモード」は毎月無料で利用できます。

 

高額キャッシュバックを提供するのはGMOとくとくBBだけです。3年間のトータル金額で比較すると、他社よりも圧倒的に安くなります。

GMOとくとくBB WiMAX2+

キャッシュバック PLAN
月額料金が安い PLAN

GMOとくとくBB WiMAX2+の料金プランは、大きく分けて『キャッシュバックあり』と『キャッシュバックなし』プランに分かれます。

※キャッシュバック金額は時期により変動します

契約解除料なしで解約するには37ヶ月目(端末発送月から38ヶ月目)の契約更新月に手続きをしなければなりません。

※以下、契約開始月の料金は1ヶ月分として算定(実際は日割)

キャッシュバックあり「ギガ放題」3年契約の料金

端末発送月 1~2ヶ月目 3ヶ月目以降
(3,609円) 3,609円 4,263円

契約開始月から38ヶ月間の合計金額は

日割+3,609円x2+4,263円x35=156,423円+日割

キャッシュバックを31,500円とすると124,923円+日割

キャッシュバック!

キャッシュバックなし「ギガ放題」3年契約の料金

端末発送月 1~2ヶ月目 3ヶ月目以降 37ヶ月目以降
(2,170円) 2,170円 3,480円 4,263円

契約更新月に料金が上がります!

契約開始月から38ヶ月間の合計金額は

日割+2,170円x2+3,480円x34+4,263円=126,923円+日割

毎月の料金が安い!

 

【GMOとくとくBB WiMAX2+】電気通信事業法の改正以降も料金は同じ
キャッシュバック PLAN 月額料金が安い PLAN 「とくとくBB WiMAX 2+」はGMOの高速無線通信サービス。 GMOはデータ通信専用のWiMAX 2+...

契約解除料

GMOとくとくBB WiMAX2+の契約解除料は、端末発送月の翌月を1ヶ月目とします。

  • 1ヶ月目~12ヶ月目までの解約は19,000円
  • 13ヶ月目~24ヶ月目までの解約は14,000円
  • 25ヶ月目以降、契約更新月以外の解約は9,500円

WiMAX2+ 3年間の料金比較

GMOとくとくBBとBIGLOBE、3年間(日割+37ヶ月間)の総支払額で比較してみます。
※BIGLOBEの契約開月は0円

  1. <GMO>124,923円+日割
    3年契約、キャッシュバックあり
  2. <BIGLOBE>19,200円+(0円+3,980円x37)-10,000円=156,460円
    1年契約x3、キャッシュバックあり
  3. <UQ>15,000円+(日割+3,880円x37)+1,000円=159,560円+日割
    2年契約x2、解除料1,000円

GMOとくとくBB、3年間の実質月額料金は

  • 124,923円/37=3,376円/月

高額キャッシュバックを確実に受領できれば、GMOとくとくBBは解除料が発生したとしてもお得になります。

その他 WiMAX2+プロバイダの料金

GMO以外のFlat3年「ギガ放題」料金プラン

開始月 開始翌月から 月額料金
DTI 0円 1ヶ月目0円 2ヶ月目2,590円、3ヶ月目以降3,760円
Broad 2,726円 2ヶ月間2,726円 3-24ヶ月目3,411円、25ヶ月目以降4,011円
カシモ 0円 1ヶ月目1,380円 2-24ヶ月目3,580円、25ヶ月目以降4,079円
So-net 0円 1-12ヶ月目3,380円、13ヶ月目以降4,379円
hi-ho 2,980円 5ヶ月間2,980円 6-36ヶ月目3,780円37ヶ月目以降4,300円
@nifty 0円 2ヶ月間3,670円 3ヶ月目以降4,350円
※契約開始日を含む月の翌月を1ヶ月目として表記

契約開始月に月額料金が発生する場合は日割りになります。

Broad WiMAXはオプションサービス2点(合計1,457円/月)の申し込みが必須。
※解約はいつでも可能

最初の1,2ヶ月間限定の低料金だけが表示されている広告をよく見かけます
お間違えないように!

端末代金

@niftyは端末代金が20,000円。送料も762円必要。
上記以外のプロバイダは0円です。

ACアダプタなし。※USBケーブルで充電可
「クレードルセット」が用意されている場合は、別途費用がかかります。

プロバイダによって選べる端末が異なる場合があります
公式サイトでご確認ください

Flat3年「ギガ放題」3年間の総費用

Flat3年ギガ放題、初回契約更新月に解約したときの総費用。

契約更新月は契約開始月の翌月を1ヶ月目として37ヶ月目を契約更新月とします。
※契約更新月については各公式サイトでご確認ください

プロバイダ 総費用の内訳 3年間合計
DTI WiMAX 1×0+1×2,590+35×3,760 134,190
Broad WiMAX 日割+2×2,726+22×3,411+13×4,011 132,637
カシモ WiMAX 1×1,380+23×3,580+13×4,079 136,747
So-net WiMAX 12×3,380+25×4,379 150,035
hi-ho WiMAX 2×3,670+35×4,350 159,590

※「Broad WiMAX」は契約開始月に日割料金が発生
※「@nifty WiMAX」端末代金と料金も高いので省略

まとめ

契約時の登録手数料3,000円は各プロバイダ共通です。

電気通信事業法の一部が改正後、WiMAX2+サービスは一部のプロバイダ以外、料金プラン等が何も変わっていません。

料金については、3年契約に限定すると、改正前と同じの料金プランの方が安いです。

通信料金が安くなることが期待された改正法ですが、WiMAXについては効果がなかったようです。

とは言え、同じWi-Fiルーターを3年間使い続けるのはどうか?

スマートフォンのような新機能をWi-Fiルーターに望みませんが、2年以内で高額な違約金を気にすることなく契約できるようにはなりました。

【WiMAX2+】2年以内の利用なら一番安いプロバイダはどこ?
WiMAX2+サービスの本家本元である「UQ WiMAX」。2019年10月1日から料金プランを改定しました。 改正電気通信事業法に適合させるためです。 WiMAX2+料金プラ...

改正電気通信事業法の関連資料

電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン
総務省総合通信基盤局
令和元年(2019年)9月最終改定版

電気通信事業法の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備について
総務省総合通信基盤局
令和元年(2019年)6月

 

タイトルとURLをコピーしました