【b-mobile】は従量制料金、通話SIM990円、データSIM190円から

b-mobile

日本通信株式会社が提供する格安SIM「b-mobile(ビーモバイル)」。

b-mobileの特徴は料金体系が従量制(段階性)であること。各データ量に対する月額料金は他社に比べても安いです。

一般的な定量性の料金プランは月内のデータ量をすべて使い切ると、高速で利用できなくなります。必要な場合は、割高な追加データ量を購入するしかありません。

b-mobileの料金は1GB(990円)から。最大15GBまで制限なく高速通信ができます。月額料金は使った分の5段階従量制。しかもリーズナブル。

この記事では、b-mobileの音声通話付「990 JUST FIT SIM」とデータ通信専用「190 Pad SIM」を紹介します。

※以降の表示価格は税抜き

b-mobileの初期費用

b-mobileの初期費用は3,000円。

b-mobile

インターネットから「申込」できます。

b-mobile「990 JUST FIT SIM」

b-mobile

990 JUST FIT SIM」とはb-mobileの音声通話付プラン。
ドコモ回線またはソフトバンク回線が月額990円(1GB)から利用できます。

音声通話SIMの種類は

  • ドコモ : マルチカットSIM (ナノ・マイクロ・標準サイズに対応)
  • ソフトバンク : iPhone用 Nano SIM ※androidでは利用不可

 

b-mobileへのMNP転入は、MNP予約有効期限まで7日間以上必要です。

申込は公式サイトへ

 

b-mobile「990 JUST FIT」の月額費用

音声通話付SIMの月額料金はドコモとソフトバンク回線で異なります。
ソフトバンク回線はiPhoneのみで利用できます。また、料金はドコモより高くなります。

月額料金の算定は

  1. 毎月の基本料は利用したデータ量で決まる
  2. 対象期間は開通日が起算日になる

例えば1月7日に開通すると
1/7~2/6までのデータ使用量で基本料が決まります。

基本料金は5段階の従量制

データ量 docomo softbank
1GBまで 990円 990円
3GBまで 1,290円 1,690円
6GBまで 1,790円 2,390円
10GBまで 2,590円 3,190円
15GBまで 3,590円 4,390円

15GB以降も利用はできますが、高速で利用することはできません。

b-mobile

「My b-mobile」サイトから6GB、10GB、15GBの上限設定をすると、使いすぎの予防ができます。※契約開始時は10GBに上限設定

b-mobile「990 JUST FIT」の最低利用期間と違約金

「990 JUST FIT SIM(音声通話付)」は、最低利用期間および解約金が廃止しなりました。

最低利用期間も違約金もなしで契約できます。

2019年9月30日までは
開通日から4ヶ月以内に契約を解約した場合、解約金8,000円でした。

※MNP転出手数料は3,000円

b-mobile「990 JUST FIT」の通話料

通常の通話料金は20円/30秒。

「b-mobile電話」アプリを利用すれば、通話料金が半額になります。
料金は10円/30秒。

b-mobile電話

b-mobile電話

Japan Communications Inc.無料posted withアプリーチ

「5分間かけ放題」

月額500円の「5分間かけ放題」プランがあります。

1通話あたり5分までは、1ヶ月間に何度利用しても通話料金は月額500円。
5分を過ぎた通話には、10円/30秒の料金が発生します。

音声オプション

「990 JUST FIT SIM(音声通話付)」の音声オプションは、回線の種類で内容が異なります。

ドコモのオプション

<オプション> 月額料 申込
キャッチホン 200円 必要
留守番電話 300円 必要
転送電話 0円 不要
国際電話(国内から海外へ) 0円 必要
国際ローミング(通話) 0円 必要
迷惑電話ストップサービス 0円 不要

ソフトバンクのオプション

<オプション> 月額料 申込
割込通話 200円 必要
グループ通話 200円 必要
ナンバーブロック 100円 必要
留守番電話[有料] 300円 必要
留守番電話[無料] 0円 不要
国際電話(国内から海外へ) 0円 不要
国際ローミング(通話)
転送電話 0円 不要

 

\詳細は公式サイト/

 

b-mobile「190 Pad SIM」

b-mobile

190 Pad SIM」とはb-mobileのデータ通信専用プラン。
ドコモ回線またはソフトバンク回線が月額190円(100MB)から利用できます。

最低利用期間と解約金はありません。

利用できる端末はドコモ回線とソフトバンク回線で異なります。

b-mobile ドコモ

ドコモ回線のSIMは
ドコモ版またはSIMフリーのWi-Fi+CellularモデルのiPad全機種、iPhone全機種、Android、モバイルWi-Fiルータなどで使えます。

 

b-mobileソフトバンク

ソフトバンク回線SIMは
ソフトバンク版またはSIMフリーのWi-Fi+CellularモデルのiPad全機種とiPhone以降の全機種で使えます。

データ通信専用SIMの種類は

SIM ドコモ回線 ソフトバンク回線
ナノサイズ ○(マルチカットSIM) iPhone専用SIM
iPad専用SIM
マイクロサイズ ○(マルチカットSIM) iPad専用SIM
標準サイズ ○(マルチカットSIM)

ソフトバンクのSIMはiPhone(ナノ)とiPad(ナノ/マイクロ)用で別。iPhone用のSIMをiPadに入れても利用できません。またその逆も同じです。Androidでは利用できません。

ドコモ版のSIMはiOSとAndroid、両方で利用できます。

申込は公式サイトへ

 

b-mobile「190 Pad SIM」の月額費用

データ通信専用SIMの月額料金はドコモもソフトバンクも同じ料金。SMS付のSIMはドコモ回線のみ提供です。

毎月の基本料は利用したデータ量で決まります。

料金は5段階の従量制
3GB、6GB、10GB、15GBの上限設定をすることができるので、使いすぎの予防ができます。
※契約開始時は10GBに上限設定

データ使用量 データ通信専用SIM
(ドコモorソフトバンク)
SMS付SIM
(ドコモのみ)
100MBまで 190円 320円
1GBまで 480円 610円
3GBまで 850円 980円
6GBまで 1,450円 1,580円
10GBまで 2,190円 2,320円
15GBまで 3,280円 3,410円

 

\詳細は公式サイト/

 

エキサイトモバイルとの比較

高速データ通信の使用量で決まる月額料金は、b-mobileのほかに「エキサイトモバイル」もあります。
※ドコモ回線のみ

exciteモバイルとb-mobileの料金比較

exciteモバイルの月額料金は1GBごとに決まります。

b-mobileとの料金比較
データ量 excite b-mobile
100MBまで 630円 190円
500MBまで 630円 480円
1GBまで 660円
2GBまで 770円 850円
3GBまで 880円
4GBまで 1,150円 1,450円
5GBまで 1,450円
6GBまで 1,600円
7GBまで 1,900円 2,190円
8GBまで 2,120円
9GBまで 2,200円
10GBまで 2,380円

exciteモバイルのデータ通信専用SIMは10GBまで利用可能。SIM3~5枚コースにすると15GBまで利用できます。

b-mobileの各上限データ量でみると、b-mobileの方が安いです。上限まで使用しなければ、exciteモバイルが安くなります。

まとめ

b-mobileの魅力は月額料金の安さです。

ほとんど電話をしないスマホ、番号を維持したいスマホがあれば、b-mobile「990 JUST FIT SIM」はおすすめの格安SIMです。
月額料金990円で待受専用電話になります。追加料金なしで、1GBまではデータ通信もできます。一時的にデータ通信を多く利用したい場合は追加容量の購入なしで、従量制の月額料金が上がるだけです。

タブレット端末または電話として利用しないスマホがあれば、b-mobile「190 Pad SIM」がおすすめ。
月額190円の維持費用で端末が再利用できます。

タブレット端末を普段利用する方にもお得です。従量制の月額料金は、現在利用中のSIMよりも安く使えると思います。是非、比較してみてください。

 

音声通話付SIM
データ通信専用SIM
タイトルとURLをコピーしました