光固定回線の代用にWiMAX 2+ホームルーターがお薦め、解約後も端末の再利用可能

スポンサーリンク

Speed Wi-Fi HOME L01s

「光コラボ」の登場で、固定回線による光インターネット料金は以前よりも安くなりました。住居や職場で長期に、継続的にインターネットを利用するには光回線が一番。

短期間または移転予定がある場合には迷います。
固定回線を短期解約するか、移転先でも継続利用できるか・・・

スマホのテザリングも使えますが、パソコンに接続すると思わぬ大量のデータを消費ます。数時間で1G超えも珍しくありません。

今回提案するのはWiMAX 2+の据置型ホームルーター。住居や事務所でも、固定回線代わりに使えます。

この記事では、コンセント(電源)があれば、どこでもインタネットが直ぐに利用できるWiMAX 2+のホームルーターをご紹介します。

スポンサーリンク

UQ WiMAX

WiMAXとは、KDDIグループのUQコミュニケーションズ株式会社が提供する高速移動体通信。現在は、より高速になった「WiMAX2+」が提供されています。

「UQ WiMAX」はUQコミュニケーションズが直接サービスを提供するブランド名です。
※2020年10月1日よりUQコミュニケーションズのUQ mobile事業はKDDIが承継

「WiMAX 2+」はKDDI以外(プロバイダ)からでも契約できます。料金プラン(割引額)は各プロバイダで異るので要チェックです!

【WiMAX 2+】UQコミュニケーションズ(KDDI)提供のモバイル回線を解説
無線通信「WiMAX(ワイマックス・Worldwide Interoperability for Microwave Access)」。UQコミュニケーションズからは「UQ WiMAX」として...
【WiMAX2+料金比較】一番安いプロバイダはどこ?電気通信事業法の改正後
「WiMAX 2+」サービスはUQコミュニケーションズ以外に、MVNO事業者(プロバイダ)からも提供されています。 WEBから契約手続きができるプロバイダは、2019年10月時点で13社...

WiMAX 2+は4G LTEよりも、繋がりにくいケースがあります。それでも、月間データ量上限なしのプラン(ギガ放題)は魅力です。

3日間で10GBを超えた場合は制限あり。翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)に概ね1Mbpsの速度制限。
※1Mbpsとは、YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度
詳細はUQサイト「3日間で10GB以上ご利用の場合の速度制限について

 

WiMAX 2+端末を固定回線代わりに

WiMAX 2+端末には、LANケーブル(有線)接続できる機種があります。

WiMAX 2+を固定回線代わりに使うには、通信速度が向上するLANケーブル接続がお薦めです。

LANケーブル接続は次の2タイプで可能です。

  • 据え置き型のホームルーター
  • クレードル対応のモバイルルーター

※クレードルとは
モバイルルーターにLANケーブルで接続できる充電兼用台です。

Speed Wi-Fi NEXT W05専用クレードル
ギガメディア
HWD36PUU、LANポート:100Mbps/1000Mbps

WiMAX 2+据え置き型「ホームルーター」

固定回線代わりに特化するなら、バッテリーなし、ACアダプタ電源専用のホームルータータイプがお薦めです。

最新端末は、下り最大1.0Gbpsに対応。
※2019年1月25日時点では、東京都、埼玉県の一部エリアで提供。今後拡大予定。

HUAWEI「Speed Wi-Fi HOME L02」

2019年1月25日発売

Speed Wi-Fi HOME L02
Speed Wi-Fi HOME L02
下り最大速度 1.0Gbps(LAN接続時)
製造元 HUAWEI
SIMカード nano-SIM
重量 約436g
外形寸法mm 約H178×W93×D93mm
有線LAN規格 Ethernet 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
無線LAN規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
最大同時接続 最大約40台(2.4GHz:20台、5GHz:20台)
引用:UQ WiMAX

NECプラットフォームズ「WiMAX HOME 01」

2018年10月30日発売

WiMAX HOME 01

WiMAX HOME 01

下り最大速度 440Mbps
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
SIMカード nano-SIM
重量 約340g
外形寸法mm 約H155×W70×D100mm
有線LAN規格 Ethernet 1000Base-T/100Base
無線LAN規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
最大同時接続 計22台(LANポートx2台、2.4GHz:10台,5GHz:10台)
引用:UQ WiMAX

HUAWEI「Speed Wi-Fi HOME L01s」

2017年12月15日発売

Speed Wi-Fi HOME L01s

Speed Wi-Fi HOME L01s

下り最大速度 440Mbps
製造元 HUAWEI
SIMカード nano-SIM
重量 450g
外形寸法mm 約H180×W93×D93mm
有線LAN規格 Ethernet 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
無線LAN規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
※2.4GHz/5GHzは同時利用可能
最大同時接続 計42台(LANポートx2台、Wi-Fi SSIDx2x20台)
引用:UQ WiMAX

USBポートはUSB電源として使えます。

前モデル「L01」はMicro SIMを利用します。

WiMAX 2+のスピードテスト

スピードテスト
検索

名古屋の某所より
google「インターネット速度テスト」にて、UQ WiMAX「Speed Wi-Fi HOME L01s」のスピードをチェックしました。

速度テスト

トライWIMAX

50Mbpsオーバー!
経験上、10Mbps以上あれば、事務作業程度なら全然支障がありません。

通信速度については時間帯によってバラつきがあります。スピードテストは何度か試み、ほぼ中央値を掲載。

インターネット速度については、テストサイトによっては数値が大きく異なります。
今回はgoogle「スピードテスト」を公表。
BNRスピードテスト」の数値では10Mbps程度となりました。速度は絶対値ではなく、相対値として参考にしてください。

もちろん、速度はエリアによっても変わります。

WiMAX 2+ ベストエフォート速度

WiMAX 2+のホームルーターは「下り最大速度440Mbps」に対応しています。

この速度数値はベストエフォート。技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsになります。

どのエリアでも、速度100Mbps以上を期待しない方がいいです

最新端末のギガスピード(1Gbps)ホームルーターは、LTEオプション(1,005円)の利用とLANケーブル接続が条件です。
LTEオプション料は「ハイスピードプラスエリアモード」を設定した月のみ発生します。

WIMAXギガスピード

引用:UQ WiMAX

440MbpsタイプのWiMAX 2+ホームルーターは、固定回線代わりとしては十分な速度が期待できます。

WiMAX 2+のホームルーターはSIMフリー

WiMAX 2+で契約した端末は、解約後もSIMフリー端末として利用できます。

端末にAPN設定をすれば、格安SIMでも使えます。速度はSIM次第。ただし、WiMAX 2+程の通信速度は期待できません。

それでも、契約期間の縛りがなく使えるのは魅力です。

BIGLOBE WiMAX 2+」なら、SIM単独での契約ができます。

【BIGLOBE WiMAX 2+】は1年契約でキャッシュバック、SIM単独申込もOK
「BIGLOBE WiMAX 2+」はBIGLOBEの高速無線通信サービス。 BIGLOBEはデータ通信専用のWiMAX 2+のプロバイダです。 WiMAX 2+は工事...

WiMAX 2+サービスは、解約後も端末の利用価値が十分にあります。

タイトルとURLをコピーしました