マンションタイプの光インターネットが賃貸で使えない時の対処方法

新居が決まれば、次は光インターネットの準備。

当然、使えると思っていた光インターネットが使えないケースも。

賃貸マンションの場合、どこの回線事業者が使え、接続方式は何かをインターネットから調べることができます。
参考ページ光インターネット接続方式の確認方法

もし、引越し先の賃貸にマンションタイプの光回線が導入されていなかったら?

この記事では、賃貸マンションで光回線が使えないときの対策について書いていきます。

スポンサーリンク

マンションでも戸建てタイプの光インターネットが使える

NTTの公式サイトからは、フレッツ光の提供エリアを検索することができます。
住所から該当する建物でフレッツ光が利用できるかの判別が可能です。

SKビル1NTT西日本公式サイトから
某建物を「マンション」から検索。フレッツ光が利用できません。

SKビル2「戸建て」から検索すると、同じ建物でもフレッツ光が利用可能です。

某物件は小規模な築古の共同住宅&事務所の複合ビル(マンション)。
一部の入居者が単独で、戸建てタイプの光インターネットを利用しています。

室内に光コンセントがあれば

公式サイトから検索したマンションが「利用ができない」と判別されても、光コンセントがあれば、開通工事なしで光インターネットを利用できる可能性があります。

もし、借りるお部屋に光コンセントがあれば、それは前入居者が光インターネットを契約してた証です。退去時、光コンセントは撤去されることがありません。

光コンセント
光コンセント外付

光コンセントはそのまま利用できますが、光インターネット料金は戸建てタイプとなります。

光コンセントとは?ない賃貸は工事費キャッシュバックの光コラボがおすすめ
光インターネット契約で初めて知る「光コンセント」。見たことがない人も多いはずです。 光配線方式のインターネットを契約する場合は、「光コンセント」は重要なキーワード。入居者の入れ替わりがない持...

マンションに戸建てタイプの光回線を導入する

古いマンションでは、外部から建物まで光ケーブルが引き込まれていなことがあります。

この場合、回線事業者に事前調査を依頼すれば、引き込みの可否が分かります。建物所有者の了解が得られれば、外部から室内に直接光ケーブルが引き込めます。

光インターネットの開通工事費と月額料金はマンションタイプではなく、戸建て(ファミリー)タイプとなります。

当然、建物所有者の了解がなければ工事はできません。

電線類地中化エリアの築古物件

以外にも都心部で、光ケーブルの引き込みが難しいケースがあります。

電柱がないエリア内にある古い建物

電柱があれば光ケーブルは架空線で引き込み可能です。地中化の場合は、予め引き込み用の配管ルートが必要になります。

電線類地中化が建物完成後(光インターネットがない時代)に行われた場合、地中からの配管ルートに新設ケーブルが配線できないことが珍しくありません。

この場合、新たな配管ルートを確保するため、道路または歩道の土木工事が必要となります。高額な工事費を全額負担しなければなりません。

昨今では、ADSLサービスの終了もあってか、土木工事費を回線事業者が全額負担するケースがあります。

光回線工事

写真は数年前に土木工事費の負担を求められ、光インターネット開通工事を諦めた某物件。状況は変わり、土木工事費の負担はなしになりました。

敷地内からの配管工事費分だけは負担が必要です。

光回線が使えないなら「ADSL」が使えた

光回線が使いない環境では「ADSL」の選択肢があります。

ADSLとは、Asymmertric Digital Subscriber Line(非対称デジタル加入者線)の略

ADSLは光回線に比べ通信速度が劣りますが、電話回線があればインターネットが利用できます。

しかし

NTTに続き、Yahoo!BBも2019年2月28日をもって、ADSLの新規申込受付を終了しました。

フレッツ光回線が利用できないエリアを除き
現在は、ADSLを新規で申し込むことはできません

光回線が契約できない時はホームルーター

光回線の導入が難しい場合は「ホームルーター」があります。

ホームルーターとは、コンセントに挿すだけでWi-Fi環境が整うモバイル回線専用の端末。

ドコモのホームルーターならデータ量は無制限。auやWiMAXのような3日間の通信量制限がありません。しかも、5G対応です。

ソフトバンクのホームルーター「SoftBank Air」はプラチナバンドに非対応ですが、ドコモはつながります。

ドコモのホームルーターを利用するには「home 5G」プランの申し込みが必要。契約期間の縛りなしで契約が可能です。

料金は 月額4,950円(税込)

 

\ 申し込みはドコモ代理店 /

 

「home 5G」については別記事で詳しく解説しています。

docomo「home 5G プラン」解説、VDSLよりも速く光回線代わりに使える
自宅の光インターネット速度に満足できず、ドコモの「home 5G プラン」を契約しました。 VDSL方式のマンションタイプでは通信速度が100Mbpsが限界。実測80~90Mbpsぐらい...

home 5G専用端末の「HR01」ついても詳しく解説しています。

ドコモ home 5G 対応ホームルーター「HR01」 1人暮らし賃貸におすすめ
2021年8月27日、ドコモから「ホームルーター」が発売されました。 ホームルーターとは、コンセントに挿すだけでWi-Fi環境が整うモバイル回線専用の端末。 光回線のような工事はい...
タイトルとURLをコピーしました