【VDSL方式】光インターネットを解説、賃貸マンションの現状と代替案

スポンサーリンク

賃貸マンションに引っ越しが決まり、次は光インターネットの手配。このとき初めて知るのがインターネットの『接続方式』。

お部屋選びの条件に、インターネットの接続方式まで気にする方はいません。

今どき、どこのマンションでも光インターネットは使えますから。ネット代が無料のマンションであれば尚更です。

光インターネットと聞けばオール光配線と思いがちですが、マンションの場合はそうではありません。

マンションの光インターネット接続は3つの方式があります。

光配線方式(1Gbps)>LAN方式≧VDSL方式(100Mbps)

※通信速度順

入居者が直接契約をするインターネットは、VDSL方式または光配線方式のどちらかになります。築浅のマンションであれば光配線方式に対応しますが、2010年よりも前に完成したマンションでは、通信速度の劣るVDSL方式が圧倒的に多くなります。

できれば、賃貸を借りる前に知っておきたいインターネット環境。

この記事では、VDSL方式の現状と打開策について書いていきます。

スポンサーリンク

マンションの光インターネット「VDSL方式」とは

共用盤

増設したVDSL盤を電話盤に接続

VDSL盤

VDSL盤を拡大

光回線の普及前、インターネットは「ADSL」回線が一般的でした。ADSLとはメタル(電話)回線。開通のための工事が必要ありません。

2001年に光インターネットサービスが開始された際、マンション向けに光インターネット「VDSL方式」が登場。

VDSL方式はマンション内にある既存の電話線が利用できます。共用部の電話盤にVDSL盤が設置できれば、室内工事を必要としません。
このため、VDSL方式は多くのマンションで採用され、光インターネットは急速に普及しました。

当時は、光インターネット「光配線方式」をマンションで見ることはありませんでした。

2007年、光配線方式に「光コンセント」が導入され、この頃からマンションでも光配線方式を採用。現在は新築マンションにVDSL方式が採用されることはなく、光配線方式またはLAN方式のどちらかです。

2006年以前に建てられたマンションでも、VDSL方式から光配線方式に切り替えるケースがあります。それでも、ほとんどのマンションは未だにVDSL方式です。

VDSL方式と光配線方式の通信速度(ベストエフォート)

ひかり配線光配線方式
VDSL方式VDSL方式
出典:NTT西日本

光インターネット接続方式の違いは、通信速度に現れます。同じ光インターネットでも最大通信速度は10倍です。

  • VDSL方式の最大通信速度は100Mbps
  • 光配線方式の最大通信速度は1Gbps(1000Mbps)

上記の速度はベストエフォート(想定の最大)

実際のところ賃貸マンションでは、体感的に10倍の速度差を感じることはなく、1Gbpsの通信速度も出ません。

インターネット接続方式の調べ方

賃貸マンションのインタネット接続方式は、回線事業者のサイトから確認することができます。マンションの管理会社、貸主は把握していないことが珍しくなく、通信設備に疎いのが実情です。

築古の物件では、正確な情報が得られないことがあります。

一番確実な方法は、回線事業者に現地調査を依頼することです。このためには、一旦インターネットの申し込みをしなければなりません。

インターネットから調べる

回線事業者の公式サイトには、マンション名が登録されています。必要なのは正確な住所または郵便番号。

詳細はこちらの記事

光インターネット接続方式の確認方法<回線事業者別>
マンションの光インターネット環境は、各回線事業者のサイトで確認できます。 ここで紹介する回線事業者は 「フレッツ光」のNTT東日本とNTT西日本、「auひかり」のKDDI。 「コミュ...
例)名古屋のUR賃貸
〒450-0002 名古屋市中村区名駅5-33-21「アクアタウン納屋橋」
※名古屋駅近くの33階建タワーマンション、2006.11完成

NTT西日本から検索

フレッツ光判定

「フレッツ光」はVDSL方式

URは「auひかり」も提供しています。

KDDIから検索

auひかりマンション判定

接続方式は 都市機構西日本 (VDSL方式)

 

VDSL方式から光配線方式に変更できる?

光ファイバーケーブル工事

VDSL方式は通信速度が劣るため、室内まで光ファイバーケーブルの引き込みを望む入居者の方も少なくないです。

VDSL方式から光配線方式への移行するには、マンション単位で対応しなければなりません。光配線方式は1階共用部まで引き込まれた光ファイバーケーブルを住戸数分に分岐します。入居者はこの分岐された光ファイバーケーブルを利用して光インターネットを契約します。

光配線方式の導入には、光ファイバーケーブルを分岐できる共有スペースと各住戸に配線できる配管が必要になります。

これらの工事はマンション所有者が手配するため、入居者が単独で工事を行うことはできません。

単独でVDSLから光配線

入居者が単独で光配線工事をできるケースもあります。

上述のマンションタイプではなく、割高な戸建タイプ(ファミリータイプ)。

まずは、回線事業者の現地調査が必要になります。
調査の結果、住居内に光ファイバーケーブルの引き込みが可能であれば、マンションでも住戸単独の戸建タイプ契約はできます。
ただし、事前に管理会社または貸主の承諾を得る必要があります。

電柱から賃貸部屋まで、ダイレクトに引き込めるのは3階まで。エアコンスリーブ等から引き込みます。
4階以上または1階共用部のMDF盤経由で引き込むには、室内までの配管ルートが確保されている必要があります。露出配管&穴あけ工事での配線も可能ですが、貸主の承諾を得るのは難しいです。

 

マンションタイプの光インターネットが賃貸で使えない時の対処方法
新居が決まれば、次は光インターネットの準備。 当然、使えると思っていた光インターネットが使えないケースも。 賃貸マンションの場合、どこの回線事業者が使え、接続方式は何かをインターネット...

VDSL方式なら固定回線はやめる?

入居する賃貸マンションがVDSL方式のため、最大通信速度1Gbpsの光インターネットが契約できないとき。

選択肢として、モバイルWiFiルーターがあります。

光インターネットは通常2年以上の最低利用期間が設けられています。モバイルWiFiルーターにも最低利用期間はありますが、引越し時に解約する必要はありません。

モバイルWiFiルーター「WiMAX」には、ベストエフォート1Gbpsタイプもあります。一度に大量のデータ通信さえしなければ、十分に固定回線代わりとして使えます。

モバイル兼固定回線であれば、スマホを含め通信費も削減できます。

UQ WiMAXのスピードテスト

スピードテスト
検索

名古屋の某所より、google「インターネット速度テスト」にて
UQ WiMAX「Speed Wi-Fi HOME L01s」のスピードチェック。
※端末はベストエフォート440Mbpsタイプ

スピードテスト

Speed Wi-Fi HOME L01s

50Mbpsオーバー!
経験上、10Mbps以上あれば、事務作業程度なら全然支障がありません。

通信速度については時間帯によってバラつきがあります。スピードテストは何度か試み、ほぼ中央値を掲載しました。

インターネット速度については、テストサイトによっては数値が大きく異なります。
今回はgoogle「スピードテスト」を公表。
BNRスピードテスト」の数値では10Mbps程度となりました。速度は絶対値ではなく、相対値として参考にしてください。

もちろん、速度はエリアによっても変わります。

WiMAXはプロバイダーで料金が異なる

同じWiMAXでも、申込先(プロバイダー)が変わると料金が異なります。最も安く使う方法は、キャッシュバックキャンペーンを利用することです。

料金の比較はこちらの記事

安くなった?【WiMAX2+料金比較】電気通信事業法の改正後編
「WiMAX 2+」サービスはUQコミュニケーションズ以外に、MVNO事業者(プロバイダ)からも提供されています。 WEBから契約手続きができるプロバイダは、2019年10月時点で13社...
【WiMAX2+】2年以内の利用なら一番おトクに使えるプロバイダはどこ?
WiMAX2+サービスの本家本元である「UQ WiMAX」。2019年10月1日から料金プランを改定しました。 改正電気通信事業法に適合させるためです。 WiMAX2+料金プラ...

WiMAXについてはこちら

【WiMAX 2+】サービスの詳細 ※プロバイダ共通事項
無線通信「WiMAX(ワイマックス・Worldwide Interoperability for Microwave Access)」。UQコミュニケーションズからは「UQ WiMAX」として...

まとめ

築10年を超える賃貸マンションのインターネット回線は、VDSL方式が圧倒的に多いです。

VDSL方式は光配線方式に比べ、理論上では速度が劣ります。

実際のところは、VDSL方式だからといって極端に使い勝手が落ちることはありません。速度低下があるとすれば、別のところに問題があったりします。

それでも選択できるなら、固定回線はVDSL方式でなく光配線方式を選びたいですよね。

高速無線通信が利用できる現在、賃貸であれば、固定回線に拘る必要はないかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました