【2021年】おすすめの光コラボ、光インターネット料金の比較

おすすめ光インターネット

光インターネットのシェア約7割を占めるNTT。高速ブロードバンド回線「フレッツ光」を提供しています。

この光回線とインターネット接続サービスを合わせて提供するのが光コラボレーション(光コラボ)。NTT・フレッツ光回線の6割以上が光コラボとして提供されています。

参考 ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2020年9月末時点)|MM総研

光コラボ事業者の多くは、携帯キャリアとプロバイダです。

  • 携帯キャリアの光コラボ→「ドコモ光」「Softbank光」「Rakuten光」
  • プロバイダの光コラボ→「(プロバイダ名)光」

光コラボの回線はすべてフレッツ光回線、品質も同じです。それでも、販売網に勝る携帯キャリアが、光コラボのシェア7割以上を占めています。

NTTの「フレッツ光」以外には、以下のインターネットサービスがあります。

  • KDDIの「auひかり」
  • So-Netの「NUROひかり」
  • 電力系の「コミュファ光」「eo光」など
  • ケーブルテレビ系
  • etc

 

スポンサーリンク

光インターネットの料金

主な回線事業者の光インターネット料金をまとめました。

ドコモ光だけは変則的な光コラボ、プロバイダが自由に選べます。選択するプロバイダで料金が2種類に分かれます。

詳細は各事業者のリンク先でご確認ください
お得なキャンペーンもあります!

光コラボ 月額料金

光コラボ マンション 戸建て 契約 違約金
enひかり 3,630円 4,730円
excite光 3,696円 4,796円
excite MEC光 3,850円 4,950円
DTI光 3,960円 5,280円
ぷらら光 3,960円 5,280円
OCN光 3,960円 5,610円 2年 11,000円
ドコモ光 4,400円 5,720円 2年
SoftBank光 4,180円 5,720円 2年 10,450円
rakuten光 4,180円 5,280円 3年 10,450円
@nifty光 3,828円 5,060円 3年 22,000円
ビッグローブ光 4,378円 5,478円 3年 11,900円
So-net光プラス 4,928円 6,138円 3年 20,000円
GMO光アクセス 3,883円 4,928円 2年 11,000

ドコモ光の違約金はマンション8,800円、戸建て14,300円

「enひかり」はIPv6接続がオプション、月額198円。
「excite光」と「excite MEC光」の違いはIPv6の接続方式。MEC光は現在主流の方式を採用。

新規の光回線、開通工事費

光回線の開通工事費は回線事業者ごとに異なります。

申込先が光コラボでも、工事をするのはNTT。費用はNTT直の工事費と同額またはそれ以上です。

SoftBank光、BIGBLOB光、So-net光プラスはフレッツ光工事費より高額

光コラボを含むNTT以外の回線事業者の工事費は、どこもNTTよりも高額です。無派遣工事もありません。無派遣工事で対応できるのはNTTのフレッツ光だけです。

<参考>「フレッツ光」NTTの工事費用

NTT「フレッツ光」の工事費は以下のとおりです。※全国共通

建物 派遣工事 屋内配線の新設 工事費用
マンション あり する 15,000
しない 7,600
なし 2,000
戸建て
(ファミリー)
あり する 18,000
しない 7,600
なし 2,000

オプションサービスを利用する場合、工事の内容によっては上記金額の他、追加工事費用が発生します。土日祝日や工事実施時間帯によっては、追加工事費用がかかります。

支払方法は一括払いまたは分割払い。

派遣工事なし(無派遣工事)は、建物種類に関係なく2,000円です。

光コラボ 工事費無料キャンペーンの注意点

開通工事費はキャンペーンで実質無料になる場合があります。

実質とは、工事費分割分を毎月割り引くケースです。この場合、途中解約すると工事費用の残額を一括で支払わなければなりません。特に、工事費が高く設定されている場合は要注意です。

契約期間と工事費分割払い期間も要チェック。契約更新月に解約した場合、工事費が残るケースが多いです。
※2021年7月より、いわゆる「ずらし設定」は、多くの事業者で改善されました

光インターネット工事費の分割回数、契約更新月の是正で解約&乗り換えを促進
2020年12月18日、総務省は電気通信事業者関連4団体に対し「電気通信事業分野における競争の促進に関する指針」の遵守に係る要請を行いました。 「競争ルールの検証に関する報告書 2...

フレッツ光から光コラボへの転用と工事費

従来のフレッツ光&プロバイダ契約から料金の安い光コラボへ契約を変更(転用)することができます。

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...

工事費用は以下のとおり。

フレッツ光を利用中で光サービスメニューに変更がない場合

工事費用:0円
※「マンションタイプ」で配線方式に変更がある場合は新規工事費と同額

フレッツ光を利用中で光サービスメニューに変更がある場合

工事担当者が出向かない場合(無派遣工事):2,000円
工事担当者が出向く場合(派遣工事):7,600円
※「マンションタイプ」で配線方式に変更がある場合は新規工事費と同額

光コラボの事業者変更も可能

2019年7月より、光コラボ間の事業者変更が可能になりました。

光コラボの事業者変更を解説、IPv6接続方法とIPv4 over IPv6方式に注意
出典:NTT西日本 フレッツ光から光コラボへの『転用』に続き、2019年7月1日から、工事不要で光コラボから光コラボへの『事業者変更』が可能になりました。 ひかり電話の番号変更もなしで...

携帯電話のMNPに似た制度です。

同じフレッツ光回線を使う光コラボへの移行が工事費なしでできます。

※事務手数料がかかる場合があります

光コラボの紹介記事


光コラボレーション以外に「auひかり」も

おススメの光コラボ インターネットサービス

お薦めの光コラボをピックアップ。

1年無料で光インターネットが使える「Rakuten光」

楽天ひかりのキャンペーン

※キャンペーンは予告なく終了します

自宅の光回線は「Rakuten光」、スマホは「Rakuten UN-LIMIT」にすると、光インターネットが1年無料で使えます!

「Rakuten UN-LIMIT」を契約されない方でも、1年間2,000円割引があります。

\フレッツ光回線/

キャリアケータイ/スマホの料金が安くなる光コラボ

ドコモ、ソフトバンク、auのケータイ/スマホ料金が割引になる、お得な光インターネットサービスを提供する光コラボ。

ドコモのスマホを利用中なら
詳細はこちら
ソフトバンクのスマホを利用中なら
詳細はこちら
auのスマホを利用中なら
詳細はこちら

 

詳細はこちら

短期利用、新規契約におススメめの光コラボ

光インターネットサービスを2年以上、継続予定がない方にお薦めの光コラボ。契約期間、解約の違約金なしで利用できます。

新規契約時に立ち合い工事があれば、キャンペーンにて工事費無料またはキャッシュバックで実質無料。
※キャンペーンは予告なく終了します

詳細はこちら
詳細はこちら

契約期間なし、月額料金が安い光コラボ

最低利用期間(中途解約違約金)なし、しかも月額料金が安いです。

enひかり
詳細はこちら

 


光インターネット新規契約or乗り換えは工事費無料・月額料金・キャッシュバック・スマホ割に注目
政府主導のもと、値下げが断行されたスマホの料金。次に、固定回線の契約にメスが入れられました。 スマホのように、料金が安くなったわけではありません。改善されたのは、更新期間の延長や工事費の分割回数...
タイトルとURLをコピーしました