2019年おすすめの光インターネット 月額料金比較

スポンサーリンク

おすすめ光インターネット

NTT「フレッツ光ネクスト」を現在提供するのは光コラボ。主な光コラボ事業者は、携帯キャリアとプロバイダです。

携帯キャリアの光コラボは「ドコモ光」と「ソフトバンク光」。
プロバイダの光コラボは「(プロバイダ名)光」の名でサービスを提供しています。

光コラボはすべてNTTのフレッツ光回線、品質は同じです。

光インターネットはNTT以外に、KDDIの「auひかり」、So-Netの「NUROひかり」、電力系の「コミュファ光」「eo光」、ケーブルテレビ系などがあります。

スポンサーリンク

光インターネットの料金

主な回線事業者の光インターネット料金をまとめました。

ドコモ光だけは変則的な光コラボ、プロバイダが自由に選べます。選択するプロバイダで料金が2種類に分かれます。

auひかりは複数の料金プランが用意されています。

詳細は各事業者のリンク先でご確認ください
お得なキャンペーンもあります!

マンションタイプ

<マンション> 月額料金 契約期間 解約金
ドコモ光ドコモ光-A 4,000 2年 8,000
ドコモ光ドコモ光-B 4,200 2年 8,000
SoftBank 光 3,800 2年 9,500
OCN 光 3,600 2年 11,000
So-net 光So-Net光 2,780 3年 20,000
@nifty光ニフティ光 3,490 3年 20,000
ビッグローブ光 3,980 3年 20,000
ぷらら光 3,600
DTI 光DTI光 3,600
excite光excite光 3,360
【auひかり】auひかり 3,800* 2年 7,000
【NURO光】NURO光 4,743 2年 9,500
【コミュファ光】 3,980~ (2年) (27,000)
【eo光】 3,524 1年 (差額分)
※auひかりの料金はV16プラン

戸建てタイプ

<戸建て> 月額料金 契約期間 解約金
ドコモ光ドコモ光-A 5,200 2年 13,000
ドコモ光ドコモ光-B 5,400 2年 13,000
SoftBank 光 5,200 2年 9,500
OCN 光 5,100 2年 11,000
So-net 光So-Net光 3,780 3年 20,000
@nifty光ニフティ光 4,510 3年 20,000
ビッグローブ光 4,980 3年 20,000
ぷらら光 4,800
DTI 光DTI光 4,800
excite光excite光 4,360
【auひかり】auひかり ~5,100* 3年 15,000
【NURO光】NURO光 4,743 3年 9,500
【コミュファ光】 3,940~ (2年) (27,000)
【eo光】 4,953 2年 ~12,000
※auひかりはずっとギガ得プランの1年目

新規の光回線、開通工事費

光回線の開通工事費は回線事業者ごとに異なります。

光コラボの工事はNTTが行います。光コラボの費用はフレッツ光の工事費と同額またはそれ以上です。

SoftBank光、BIGBLOB光、So-net光はフレッツ光工事費より高額
※So-net光は派遣工事の有無関係なしに工事費が固定

光コラボ以外の回線事業者の工事費はフレッツ光よりも高額。無派遣工事もありません。

無派遣工事で対応できるのは、光コラボだけです。

<参考>「フレッツ光」NTTの工事費用

参考までにNTTの「フレッツ光」工事費を見てみます ※全国共通

建物 派遣工事 屋内配線の新設 工事費用
マンション あり する 15,000
しない 7,600
なし 2,000
戸建て
(ファミリー)
あり する 18,000
しない 7,600
なし 2,000

オプションサービスを利用する場合、工事の内容によっては上記金額の他、追加工事費用が発生します。土日祝日や工事実施時間帯によっては、追加工事費用がかかります。

支払方法は一括払いまたは分割払い。

派遣工事なし(無派遣工事)は、建物種類に関係なく2,000円です。

工事費無料のキャンペーン

開通工事費はキャンペーンで実質無料になる場合があります。

契約期間内に分割された工事費が月額無料になる場合、途中で解約すると工事費用の残額を一括で支払うことになります。

契約時に高額な割引額(工事費分)で目を引く広告にはご注意ください。単に工事費の設定が高いだけです。

フレッツ光から光コラボへの転用と工事費

従来のフレッツ光&プロバイダ契約から料金の安い光コラボへ契約を変更(転用)することができます。

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...

工事費用は以下のとおり。

フレッツ光を利用中で光サービスメニューに変更がない場合

工事費用:0円
※「マンションタイプ」で配線方式に変更がある場合は新規工事費と同額

フレッツ光を利用中で光サービスメニューに変更がある場合

工事担当者が出向かない場合(無派遣工事):2,000円
工事担当者が出向く場合(派遣工事):7,600円
※「マンションタイプ」で配線方式に変更がある場合は新規工事費と同額

光コラボの事業者変更も可能

2019年7月より、光コラボ間の事業者変更が可能になりました。

光コラボの「事業者変更」手順を解説、接続先変更とIPv6に要注意
出典:NTT西日本 フレッツ光から光コラボへの『転用』に続き、2019年7月1日から、工事不要で光コラボから光コラボへの『事業者変更』が可能になりました。 ひかり電話の番号変更もなしで...

携帯電話のMNPに似た制度です。

同じフレッツ光回線を使う光コラボへの移行が工事費なしで行えます。

※事務手数料がかかる場合があります

光コラボの紹介記事

主な光コラボレーションの紹介記事を書いてます。


光コラボレーション以外に「auひかり」も

おススメのインターネットサービス

タイプ別にお薦めのインターネットサービスを厳選しました。

キャリア携帯のユーザーにおススメ

ケータイ/スマホの料金が安くなる光インターネット

詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

2年以上利用しない方におススメ

契約期間、解約の違約金もなし。開通工事費もキャッシュバック

詳細はこちら

フレッツ光からの転用におススメ

契約期間なし、月額料金が安い。工事費負担のない「転用」に

詳細はこちら

速度重視の方におススメ

一戸建てにお住まいで、速度重視の方

詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました