【ドコモ光】でケータイ/スマホの料金を安く、キャッシュバックをもらう方法

ドコモショップ

ドコモ光とは

ドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。

形式上は回線とインタネット接続を同時に提供する光コラボですが、内容的には従来のフレッツ光回線+プロバイダと違いはありません。サービスを提供するのは、実質NTTとプロバイダです。

ドコモ光の狙いはモバイル通信と一体したサービス。ドコモケータイ/スマホユーザーを取り込むサービスといっても過言でありません。

ドコモ光は従来のインターネット契約よりも安くなります。ネットとスマホをまとめると更に安くなります。
ドコモケータイ/スマホユーザーにはお得な「ドコモ光」の詳細を本記事でご紹介します。

ドコモ光の料金

ドコモ光の申込は携帯ショップ、代理店、インターネットなど多数の窓口があります。契約時の初期費用または毎月の料金は申込先で変わることはありません。

以下、契約時の初期費用と月額料金を公式ページより抜粋しご紹介します。
※金額はすべて税抜き表示

ドコモ光 初期費用

事務手数料:3,000円

開通派遣工事費(屋外/屋内)

集合住宅 15,000円
戸建住宅 18,000円

※屋内工事のみは共通で7,600円
※無派遣工事でも工事費が発生する場合があり
フレッツ光から転用は原則工事費なし

 

工事費はキャンペーン適用で実質無料になることもあります。

ただし、工事費の分割割引の場合は短期解約すると、工事費の残債を一括請求されます。

ドコモ光 月額費用

ドコモ光、2年間自動更新プランの月額料金
契約するプロバイダのタイプで料金が異なります。

集同住宅 タイプA 4,000円
タイプB 4,200円
戸建住宅 タイプA 5,200円
タイプB 5,400円
※単独タイプ、ドコモ光ミニは省略
タイプA

ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、ANDLINE、BBEXCITE、タイガースドットコム、UPa!、ビッグローブ、DTI、エディオンネット、SYNAPSE、TiKiTiKi、楽天ブロードバンド、@ネスク、光コアラ、アイシーネット、ハイホー

タイプB

OCN、TCOM、@nifty、TNC、ASAHIネット、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

対応プロバイダ一覧

ドコモ光 オプション

ドコモ光電話:月額500円
※事務手数料、工事費が必要

ドコモ光電話 | ドコモ光 | NTTドコモ
ドコモ光回線を使った固定電話サービス「ドコモ光電話」をご紹介します。

契約期間と解約金

ドコモ光は24ヶ月間が契約期間。
解約の申し出がない場合、契約は自動更新されます。契約満了月の当月・翌月・翌々月以外の解約は解約金がかかります。
参考ドコモ光の解約(公式サイト)

解約金は、集同住宅8,000円、戸建住宅13,000円

ドコモ光更新

ドコモ光の<公式>キャンペーン

公式キャンペーンは全申し込み窓口共通のキャンペーン。公式サイト以外でも同条件です。

ドコモ光dポイントプレゼント特典

ドコモ光dポイントプレゼント特典 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ
ドコモ光を新規または事業者変更でお申込みいただいた方に、dポイント10,000pt(期間・用途限定)をプレゼント!

 

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割

自宅の光インターネットがドコモ光なら
ドコモのスマホで「ギガホ」「ギガライト」を契約すると、永年最大1,000円割引になります。

ファミリー割引との併用もできます。

ギガホ、ギガライトとは

これからは、シンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ
ドコモの料金プランは、シンプル2択。毎月最大30GBまで利用可能な「ギガホ」、毎月1~7GBまでの間で、使った分に応じてお支払いの「ギガライト」。お客さまの使い方に合わせてお選びになれます。

「ギガホ」「ギガライト」のドコモ光セット割

「ギガホ」「ギガライト」月額料金からの割引額

料金プラン セット割額
ギガホ 30GB -1,000円
ギガライト ステップ4:~7GB -1,000円
ステップ3:~5GB -1,000円
ステップ2:~3GB -500円
ステップ1:~1GB 0円

ドコモ光セット割の割引対象の範囲

ドコモ光ファミリー割

出典:ドコモ公式サイト

ドコモ光セット割は「ファミリー割引」グループ内の「ギガホ」「ギガライト」を契約している各回線の月額料金も割引対象。

契約者から三親等内であれば、離れて暮らしていても申し込みできます。

三親等の範囲(法律上と一部異なる)

三等親

出典:ドコモ公式サイト

「カケホーダイ&パケあえる」のドコモ光セット割

新規申込み受付終了の「カケホーダイ&パケあえる」を契約中のユーザーもドコモ光セット割の対象です。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割の手続き

「ドコモ光セット割」の申し込みはドコモ光の申し込みとは別です。
ドコモショップまたはインタネット、電話からも手続きできます。

ファミリー割引 : お申込み方法 | 料金・割引 | NTTドコモ
基本使用料が25%割引になる「ファミリー割引」の申込み方法をご案内します。

IPv6インタネット接続に対応

ドコモ光IPV6

IPoE IPv4 over IPv6(出典:ドコモ光

ドコモ光は「PPPoE IPv6通信」「IPoE IPv6通信」「IPoE IPv4 over IPv6通信」、3つの通信方式に対応。

利用料金は無料
通信方式、接続手続きはプロバイダ毎に異なります。
ドコモ光対応プロバイダのIPv6対応状況

ドコモ光の申込先

ドコモ光の申し込みはドコモショップまたはインタネットからできます。
ドコモ光代理店またはプロバイダ経由で申し込みをすると

  • キャッシュバックあり
  • IPv6対応の無線LANルーターが無料でレンタル

以下はお得なドコモ光の申込先です。

ネットナビ(代理店)

ドコモ光バナードコモ光バナー

<ドコモ光代理店>
プロバイダが自由に選べます

「申込フォーム」からの申込で
キャッシュバックは15,000円
ひかりTV for docomo、 DAZN for docomoを合わせて契約すると最大20,000円

  • キャッシュバック申請書は申込書(PDF)をダウンロード
  • 申込書に口座等を記入し捺印の上、代理店へ郵送
  • キャッシュバックは開通確認後、翌月末に振込み

ネットナビ限定
光インターネット開通前にモバイルWiFiルーターがレンタルできます。固定回線の空白期間が解消でき、すぐに自宅でネットが使えます。
※数に限りあります

プロバイダが選べる
モバイルルーターもレンタルできます

DTI(プロバイダ)

プロバイダ「DTI」のDTI光

キャッシュバックは15,000円
オプション条件なし。

  • 利用開始月の翌々月にキャッシュバックの案内メール
  • インタネットから受け取り口座を登録
  • 口座登録後すぐに振込完了
キャッシュバック

GMOとくとくBB(プロバイダ)

プロバイダ「GMOとくとくBB」のドコモ光

キャッシュバックは5,500円
DAZN for docomoと合わせて契約すると15,000円。ひかりTV for docomoも契約すると20,000円

  • 利用開始月を含む4ヶ月目にキャッシュバック受取手続きの案内メール
  • インタネットから受け取り口座を指定
  • 登録があった翌月末日に口座振り込み
WiFiルーター選べます

 

ドコモ光へ転用

フレッツ光から「ドコモ光」に転用する場合は先にNTT・フレッツ光の「転用承諾番号」を取得(無料)しなければなりません。

転用手続きはこの記事を参照ください

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...

docomoの映像サービス

ひかりTV for docomo」は光回線を利用して、ご自宅のテレビやスマートフォン・タブレットで映像が楽しめるサービスです。
月額料金は2,500円(2年割適用)

ひかりTV for docomo | ドコモ光 | NTTドコモ
ひかりTV for docomoなら、ドコモ光などの光回線を使って、さまざまなジャンルの専門チャンネルとビデオオンデマンド、地上・BSデジタル放送が楽しめる!

DAZN for docomo」は国内外130以上、年間10,000試合以上のスポーツ映像が見放題。
サッカー、野球、バスケットボール、バレーボール、モータースポーツを含む多彩なスポーツ映像をさまざまなデバイスで楽しめます。
月額料金は1,750円。ドコモのケータイ回線利用者は月額980円になります。

DAZN for docomo(ダゾーン フォー ドコモ) | サービス・機能 | NTTドコモ
月額980円で国内外130以上、年間10,000試合以上のスポーツ映像が見放題。さまざまなデバイスで視聴できるので、時間や場所を気にすることなく、いつでもどこでもスポーツ観戦ができます。最大6デバイスまで登録ができ、2デバイスで同時視聴することが可能です。

まとめ

光コラボはフレッツ光とプロバイダが一体になったサービスです。ところが、光コラボ「ドコモ光」だけは、プロバイダが自由に選べます。また、プロバイダは光コラボ事業者でもあります。

ドコモ光は実質、ドコモケータイ/スマホ利用者向けの窓口サービス。

中身はプロバイダの光コラボとほぼ同じです。その上、月額料金はプロバイダよりも高く設定されています。
「ドコモ光セット割」が適用される方には大きなメリットがあります。ドコモ以外のスマホユーザーには、プロバイダ直の光コラボがおすすめです。

 

【光コラボの比較】携帯キャリアの光とプロバイダの光、どっちがお得か?
NTTのフレッツ光回線、現在はNTTに代わり「光コラボレーション(光コラボ)事業者」が提供しています。 光コラボとは、フレッツ光回線とインターネット接続(プロバイダ)を1事業者が合わせて提供...
タイトルとURLをコピーしました