光コラボ【OCN光】と格安SIMモバイル割で家族の通信コストを削減する

OCN光

OCN光とは

「OCN光」はNTTグループのNTTコミュニケーションズが運営する光コラボレーション。
NTT東日本・西日本のフレッツ光回線とインターネット接続サービス「OCN」をひとつにした光コラボレーション「OCN光」は、通信速度最大1Gbpsのインターネットサービスです。

「OCN光」は同じく光コラボレーションのドコモ光「OCN for ドコモ」よりも安い。数ある光コラボレーションの中でも月額料金は最安値クラスです。従来のフレッツ光回線をお使いの方は、工事不要で乗換え(転用)ができます。

キャリアスマホx光コラボの「スマホ割」にメリットがない方、キャリアスマホから格安SIMへのMNPをご検討の方。光インターネットの新規または転用に「OCN光」をご検討されてはいかがでしょうか。

OCN光の料金

OCN光の料金設定は光コラボレーションの中でも最安値クラスです。

工事費はフレッツ光と同額、割増しなし。
月額料金は2年契約ではおトクな部類。割引なしになりますが、契約期間のない契約も可能です。

※本記事の金額はすべて税抜き表示

OCN光 初期費用

事務手数料:3,000円

開通派遣工事費(屋外/屋内)
一括または分割払いから選択

集合住宅 15,000円 3,000円+500円x30
戸建住宅 18,000円 3,000円+400円x30

※屋内工事のみは共通で7,600円(30回分割可)
フレッツ光から転用は原則工事費なし

無派遣工事の場合は2,000円

OCN光 月額費用

OCN光は「2年自動更新型割引」申し込みで、月額料金が1,100円割引になります。

集合住宅 4,700円→ 3,600円
戸建住宅 6,200円→ 5,100円

契約期間と違約金

OCN光の2年自動更新型割引は「申し込みの日を含む月の翌月」を1カ月目とし、そこから24ヶ月間が契約期間。
契約更新月(25ヶ月目と26ヶ月目)に解約の申し出がないと自動更新されます。契約更新月以外の解約は違約金の支払が必要です。

違約金は共通で11,000円

OCN光 オプション

OCNひかり電話:月額500円~
※オプションとサービス内容はフレッツ光「ひかり電話」と同じ
参考記事ひかり電話の解説

テレビオプション:月額660円
※事務手数料、工事費が別途必要

OCNリモートサポートサービス:月額500円
電話でのサポートとパソコンの遠隔操作でのサポート

おまかせマルチパック:月額950円 ※2年間の最低利用期間あり
  • おまかせサポート(訪問サポート、OCNプレミアムサポート)
  • データのバックアップ(マイポケット)
  • セキュリティ対策ソフト(マイセキュア 5ライセンス)

他多数のオプションは、公式サイトよりご確認ください。

「OCN光」と「OCN for ドコモ光」の料金比較

「OCN光」は「OCN for ドコモ光」よりも安いです。

OCN for ドコモ光
(他のドコモ光)
集同住宅 4,200円 (4,000円)
戸建住宅 5,400円 (5,200円)
OCN光 集同住宅 3,600円
戸建住宅 5,100円
※OCN光は2年自動更新型(1,100円)割引を適用

ドコモ光でOCNを選ぶと、同じドコモ光でも料金は200円高くなります。
ドコモユーザーの場合、上記の差額分以上の「ドコモ光セット割」があれば、ドコモ光の方がお得になります。

【ドコモ光】でケータイ/スマホの料金を安く、キャッシュバックをもらう方法
ドコモ光とは ドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。 形式上は回線とインタネット接続を同時に提供する光コラボですが、...

OCN光モバイル割

OCN光モバイル割

出典:OCN光

OCN光では、キャリアケータイ/スマホの料金が安くなりませんが、格安SIM「OCN モバイル ONE」の料金が安くなります

OCN光モバイル割」は
OCN光と「OCN モバイル ONE」をセット利用で、「OCN モバイル ONE」の月額利用料がずっと200円値引き
最大5契約まで合計1,000円まで割引となります。家族も対象です。
※「容量シェア」SIMは割引対象ではありません

【OCNモバイルONE】格安SIMはスマホセットがおすすめ!端末が安く買える
格安SIM選びの基準はなんですか? 月額基本料は、どのMVNO(仮想移動体通信事業者)も大差なし。あとはオプションの違いでしょうか。 今回ご紹介する「OCNモバイルONE」は、格安SIMシ...

OCN光は格安SIMユーザーにお得な光コラボです。光インターネットの契約を機に、格安SIMへの乗り換え(MNP)もご検討されてはいかがでしょうか。
固定回線とモバイル回線、同時にコストが削減できます。

格安SIMのMNP転入・乗り換え方法、予約番号の有効期限日数にご注意
格安SIMのMNP転出手続きを行いました。数年前に大手キャリアからMNPした経験はありますが、MVNO(仮想移動体通信事業者)からの転出は今回が初めてです。 転出先もMVNO。 料...

OCN光v6アルファパッケージでIPoE「IPv4 over IPv6」

OCN光v6アルファ

出典:OCN光

OCN光は開通したその日からIPv6接続できますが、IPv4接続については従来のPPPoE方式のままです。

IPv4通信がIPoE方式で接続できるIPoE「IPv4 over IPv6」を利用するには、「OCN光v6アルファパッケージ」に申し込む必要があります。

OCN光V6アルファ

「OCN光v6アルファパッケージ」とは
OCN光回線にIPoE「IPv4 over IPv6」+IPv6対応ルーター+セキュリティ+訪問/遠隔サポートを合わせたサービス。

月額料金は500円アップします。

集合住宅 4,100円/月
戸建住宅 5,600円/月
※「2年自動更新型(1,100円)割引」申込の場合

OCN光の申込先

OCN光の申し込みは公式サイトよりも代理店サイトがおトクです。

㈱アイネットサポート
キャッシュバックキャンペーン!

新規:18,000円
転用:15,000円
※OCNからの転用は1,000円

キャンペーンは予告なく変更、終了する場合があります。

キャッシュバックにオプション契約の条件はありません。受け取り方法は、申し込み後に送付されるキャッシュバック申請書内でご確認下さい。

 

OCN光へ転用(乗り換え)

フレッツ光から「OCN光」に転用する場合は
先にNTT・フレッツ光の「転用承諾番号」を取得(無料)しなければなりません。

転用手続きはこの記事をご参照ください

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...

まとめ

「OCN」はISP(インタネットサービスプロバイダ)シェアNO.1のプロバイダです。
出典:MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査」(2017年9月末時点)

OCN光の魅力は信頼と実績があるプロバイダであること。しかも、光コラボレーションの中でも月額料金が最安値クラスであることです。
ただし、IPoE「IPv4 over IPv6」は無料で利用できません。

スマホを格安SIM「OCN モバイル ONE 」にすれば、「OCN光モバイル割」でモバイル回線の月額料金が最大5契約まで割引になります。自宅の固定回線と家族のモバイル回線を合わせ、通信コストの削減ができます。

OCN光の申込先は代理店サイトがおトク。公式サイトにはない、キャッシュバックキャンペーンがあります。

\オプション申し込みなしでOK/

 

【光コラボの比較】携帯キャリアの光とプロバイダの光、どっちがお得か?
NTTのフレッツ光回線、現在はNTTに代わり「光コラボレーション(光コラボ)事業者」が提供しています。 光コラボとは、フレッツ光回線とインターネット接続(プロバイダ)を1事業者が合わせて提供...
タイトルとURLをコピーしました