【excite光】はフレッツ光から転用・乗り換えにお薦めな光コラボ

excite光

携帯電話の料金についてはよく話題になりますが、光インターネットの料金はあまり関心がないような気がします。

一度光インターネット契約をすると、携帯のように気軽に乗り換えができないと思われているのかもしれません。

光インターネットは光コラボレーションモデル(光コラボ)の登場以来、従来の「フレッツ光+プロバイダ」料金よりも安く利用できます。光コラボへの乗り換え(転用)、光コラボ間の乗り換え(事業者変更)は、立ち合い工事なしで事務手数料だけで可能です。

光コラボとは、NTT東・西日本が事業者に光回線を卸売りし、 事業者が光回線と接続サービスをセットにして販売するモデルのこと。

数ある光コラボレーション事業者の中で、業界最安水準の月額料金最低利用期間及び解約違約金なし

エキサイト光」をご紹介します。

フレッツ光を長く利用されている方は、この機会に料金の安い光コラボ「エキサイト光」へ転用(契約先変更)をご検討されてはいかがでしょうか。

※表示価格は特に断りがない限り税別です

エキサイト光とは

「エキサイト光excite光」を運営するのは、インターネット情報サービスを展開するエキサイト株式会社。

代表的なサービスは、ポータルサイト「エキサイト」と「BBエキサイト」。

BBエキサイトは、光回線(excite光)・インターネット接続サービスとエキサイトモバイル(格安SIM・スマホ)を提供するインターネットサービスプロバイダです。

エキサイトモバイル

エキサイトはドコモ回線を利用する格安SIM「エキサイトモバイル」を提供しています。

使い方に適した2種類の料金プラン、「Fit(フィット)プラン」と「Flat(フラット)プラン」を用意。

エキサイト光とのセットプランは残念ながらありません。

エキサイト光の料金

エキサイト光excite光の最大の魅力は月額料金の安さ。しかも、契約期間なし。いつ解約しても違約金はありません。

事務手数料も他社に比べてリーズナブル。
工事費はフレッツ光と同額(上乗せ金額なし)。

※本記事の金額はすべて税抜き表示

エキサイト光 初期費用

契約時の初期費用は
今までフレッツ光を利用していた(転用)か、新規契約かで事務手数料が異なります。

転用>フレッツ光を利用中でエキサイト光に契約変更
戸建て、マンション共に事務手数料:2,000円

新規>エキサイト光を回線新設でご契約される方
戸建て、マンション共に事務手数料:1,000円+工事費用

新規契約は、光回線工事を行うと工事費用が必要となります。

エキサイト光 工事費用

工事担当者がご自宅等に出向き行う「派遣工事」の費用は
戸建て:18,000円、マンション:15,000円

工事担当者が伺うことなく、既設の回線設備を再利用する場合は「無派遣工事」。
費用は共通で2,000円

派遣か無派遣か、事前に確認することは可能です。
直接「エキサイトカスタマーサービスセンター」にお問い合わせ下さい。
※調査にお時間がかかる場合があります。

賃貸マンションは「光コンセント」の有無で判断できることもあります。

光コンセントとは?ない賃貸は工事費キャッシュバックの光コラボがおすすめ
光インターネット契約で初めて知る「光コンセント」。見たことがない人も多いはずです。 光配線方式のインターネットを契約する場合は、「光コンセント」は重要なキーワード。入居者の入れ替わりがない持...

エキサイト光 月額費用

エキサイト光excite光の月額料金は業界最安水準。

集合住宅 3,360円
戸建住宅 4,360円

従来のフレッツ光+プロバイダ契約より最大1,940円安。「始めだけ安い」でなく、ずっと定額です。

NTT「フレッツ光ネクスト」マンションタイプの基本料金まとめ
光インターネット回線「Bフレッツ」と「フレッツ・光プレミアム」は、サービス提供を終了しています。 NTTは現在、「フレッツ光ネクスト」に1本化。 次世代ネットワークを用いた高品質で安定...

エキサイト光のオプション

エキサイト光電話:月額500円、通話料8円/3分
※NTT「ひかり電話」のサービス、料金、工事費と同じ

エキサイト光電話を利用する場合、ホームゲートウェイのレンタルが必要となります。
レンタル料は

  • ホームゲートウェイ:200円/月
  • ホームゲートウェイ(無線LAN機能付):300円/月

光コラボの月額料金比較

本当にエキサイト光excite光は安いのか?

主な光コラボの月額料金を見てみます。

光コラボ 戸建て マンション 契約期間
ドコモ光 5,200円 4,000円 2年
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 2年
Rakuten光 4,800円 3,800円 3年
OCN光 5,100円 3,600円 2年
※税別

光コラボはプロバイダ込みのサービスですが、「ドコモ光」だけはプロバイダが自由に選べます。OCN、niftyを選ぶと上表より200円高くなります。

【ドコモ光】ネット申し込みでキャッシュバック、ケータイ/スマホの料金も安くなる
※表示価格は特に断りがない限り税別です ドコモ光とは ドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。 形式上は回線とインタ...

「ドコモ光」よりプロバイダが直接運営する光コラボの方が月額料金は安いです。
例えば、OCNの戸建て料金で比較すると

  • 「ドコモ光 with OCN」5,400円
  • 「OCN光」5,100円
【2021年】おすすめの光コラボ、光インターネット料金の比較
光インターネットのシェア約7割を占めるNTT。高速ブロードバンド回線「フレッツ光」を提供しています。 この光回線とインターネット接続サービスを合わせて提供するのが光コラボレーション(光コラボ...

契約期間ない光コラボの料金比較

契約期間のない光コラボは他にも「ぷらら光」「DTI光」があります。
月額料金は

光コラボ 戸建て マンション 契約期間
ぷらら光 4,800円 3,600円 なし
DTI光 4,800円 3,600円 なし

ぷらら光とDTI光も安いですが、エキサイト光はさらに安いです。

エキサイト光は
  • 戸建ては「DTI光」よりも440円安い
  • マンションは「DTI光」よりも240円安い
ぷらら光は
  • 契約時の事務手数料が無料
  • ひかりTVのセット割がある
DTI光は
  • 新規はキャッシュバックキャンペーンの対象。実質工事費が無料
  • ひかり電話を契約するとホームゲートウェイが月額0円

 

光コラボ【DTI光】の料金とサービス、キャンペーンをわかりやすく解説
※表示価格は特に断りがない限り税別です DTI 光とは 「DTI 光」とは株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(Dream Train Internet)が提供する光回線サービス(光コラ...
【ぷらら光】は契約期間・違約金なし、転用または賃貸におすすめの光コラボ
※表示価格は特に断りがない限り税別です ぷらら光とは 「ぷらら光」はNTTコミュニケーションズグループのNTTぷららが運営する光コラボレーション。 NTT東日本・西日本のフレッツ光回線とイン...

エキサイト光のIPv6はPPPoE接続

エキサイトのIPv6接続

IPoE接続とは、従来のPPPoE接続よりも快適にインターネットができる次世代通信技術。理論上、両者の速度は変わりませんが、通信の混雑があればPPPoE接続は遅くなります。

エキサイト光のIPv6はIPoE接続ができません。従来のPPPoE接続です。

料金は高くなりますが「エキサイトMEC光」ならIPv6・IPoE接続に対応しています。

エキサイト光の申込先

エキサイト光の申し込みは公式サイトからできます。詳細はリンク先の公式サイトでご確認ください。

エキサイト光(PPPoE接続)

新規手数料:1,000円
契約期間:なし

集合住宅:3,360円
戸建住宅:4,360円

 

公式サイトへ
業界最安値水準のインターネット料金

IPv6・IPoE接続するなら

エキサイトMEC光(IPoE接続)

開通手続料:3,000円
新規手数料:1,000円
契約期間:なし

集合住宅:3,500円
戸建住宅:4,500円

 

公式サイトへ
次世代ネットワーク対応
excite MEC光はIPv6・IPoE接続サービス込みの最安級光コラボ 工事費無料キャンペーン中!
excite MEC光とは 「excite MEC光」を提供するのはエキサイト株式会社。ポータルサイト「エキサイト」を運営する会社です。 プロバイダ事業の「BB.e...

フレッツ光からエキサイト光への変更は「転用」手続き

「NTT・フレッツ光+プロバイダ」契約を光コラボ「エキサイト光」に変更(転用)するには、申し込み前にNTTからフレッツ光の「転用承諾番号」を取得します。

転用手続きはこちらの記事

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...

光コラボ間の変更は「事業者変更」手続き

光コラボ間の変更は事業者変更手続き。

エキサイト光の申し込み前に、現在契約中の光コラボから「事業者変更承諾番号」を取得します。

事業者変更手続きはこちら

光コラボの事業者変更を解説、IPv6接続方法とIPv4 over IPv6方式に注意
出典:NTT西日本 フレッツ光から光コラボへの『転用』に続き、2019年7月1日から、工事不要で光コラボから光コラボへの『事業者変更』が可能になりました。 ひかり電話の番号変更もなしで...

 

まとめ

エキサイト光の知名度は今ひとつですが、その分、月額料金の安さが魅力です。

エキサイトとフレッツ光の光コラボレーションがエキサイト光。回線はNTTフレッツ光なので通信の品質は安心です。他の光コラボと変わりありません。

最低利用期間なし、いつでも違約金なしで解約できる気軽さがあります。
光コラボによく見られる『キャンペーン』はありませんが、トータルでどっちが得か?よく吟味する必要があります。

一番お得なケースは、回線工事が不要のフレッツ光からの転用。
スマホ割、IPv6・IPoE接続など眼中になければ
「エキサイト光」は最もメリットのある光コラボです

 


 

タイトルとURLをコピーしました