NTT「フレッツ光ネクスト」マンションタイプの基本料金まとめ

スポンサーリンク

フレッツ光ネクスト

光インターネット回線「Bフレッツ」と「フレッツ・光プレミアム」は、サービス提供を終了しています。

NTTは現在、「フレッツ光ネクスト」に1本化。

次世代ネットワークを用いた高品質で安定性を確保したサービスは、最大概ね1Gbpsの回線速度です。

2015年より「光コラボレーション」がスタートしました。
光コラボレーションとはNTT東・西日本が、事業者に光回線を卸売りし、 事業者が光回線と接続サービスをセットにして販売することです。

今回、光コラボレーションと料金比較するため「フレッツ光ネクスト」の料金を調べてみましたが、複雑でよくわかりません。

なぜなら、地域(東・西日本)でサービス名が異なり、その上マンション規模や回線速度で料金が変わったり変わらなかったりするためです。

フレッツ光を利用する「光コラボレーション」は、エリアや通信速度で料金を変えていません。非常にわかりやすい料金です。
参考光コラボの料金比較

この記事では、NTT「フレッツ光ネクスト」マンションタイプの料金を東西別にまとめてみました。

スポンサーリンク

NTT東日本 フレッツ光ネクスト

東日本の「フレッツ光ネクスト」は4タイプ

タイプ 回線速度 配線方式
ギガマンション・スマートタイプ 1Gbps ひかり
マンション・ギガラインタイプ 1Gbps ひかり
ハイスピードタイプ 200Mbps ひかり
マンションタイプ 100Mbps ひかり以外
※ギガマンション・スマートタイプはWiFiルーター付

マンションタイプの各プラン

上記のプランは、同じ建物内で見込める契約数により更に3プランに分けれます。
基本料金はタイププランの組み合わせで決まります(複雑)。

  • プラン1:8契約以上
  • プラン2:16契約以上
  • ミニ:4契約以上

フレッツ光ネクストの料金(回線使用料)

タイプ プラン 基本料金 2年割 解約金
ギガマンション・スマートタイプ プラン1 3,750 -100 1,500
プラン2 3,350
ミニ 4,350
マンション・ギガラインタイプ プラン1 3,450
プラン2 3,050
ミニ 4,050
ハイスピードタイプ/マンションタイプ プラン1 3,250
プラン2 2,850
ミニ 3,850

※ギガ推し!割引があれば:-200円(30ヶ月間割引)

例.
20住戸あるマンションで「マンション・ギガラインタイプ」を2年契約した場合
基本料金:3,050-100-200=2,750円/月
※キャンペーン「ギガ推し!割引」適用

NTT西日本 フレッツ光ネクスト

西日本の「フレッツ光ネクスト」3タイプ

タイプ 回線速度 配線方式
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 1Gbps ひかり
マンション・ハイスピードタイプ 200Mbps ひかり
マンションタイプ 100Mbps 全方式

マンションタイプの各プラン

料金は同じ建物内で見込める契約数により3プラン。
西日本の場合、基本料金はこのプランで決まります。

  • プラン1:8契約以上
  • プラン2:16契約以上
  • ミニ:6契約以上

フレッツ光ネクストの料金(回線使用料)

回線速度で料金は変わりません

プラン 基本料金 2年割 3年目以降 解約金
プラン1 3,700 -450 -620 7,000
プラン2 3,200 -350 -520
プラン3 4,500 -550 -780
例.
20住戸あるマンションで「マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼」を2年契約した場合
基本料金:3,200-350=2,850円/月、3年目から2,680円

NTT東西フレッツ光の共通事項

「フレッツ光ネクスト」申し込み後、インターネット開通に向けて工事の準備に入ります。

工事の内容は、マンション共用部(MDF盤)から室内に光ファイバーケーブルを引き込み、宅内に光コンセントと回線終端装置(ONU)を設置。入居者の立ち会いが必要となります。

工事費用は契約者の負担で分割払い。

室内に「光コンセント」があり、光ファイバーケーブルが配線済みであれば、立ち合い工事はありません。

【光コンセント】なぜ賃貸に標準装備されていないのか?全部解説
光インターネット契約で初めて知る「光コンセント」。見たことがない人も多いはずです。 光配線方式のインターネットを契約する場合は、「光コンセント」は重要なキーワード。入居者の入れ替わりがない持...

初期費用

NTT「フレッツ光ネクスト」契約の初期費用。

内訳は

契約料:800円

初期(派遣)工事費:15,000円(初回3,000円+2回目以降400円x30回)
※土日工事の場合は+3,000円

工事費の15,000円は派遣工事の場合。前入居者が既に室内へ光コンセントを設置し、工事が必要ない場合は2,000円になります。

解約時の注意

分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合、初期工事費の残額を一括で支払わなければなりません。

「にねん割」の更新月(利用期間満了月の翌月と翌々月)以外で解約された場合、解約金が発生します。

プロバイダとセット申込

プロバイダ

上術の基本料金は、NTTの回線使用料
インターネットを利用するには、接続会社(プロバイダ)との契約も必要です。
接続料は各社異なり、500~900円。支払先が別の各料金を合算した金額がインターネット料金になります。

インターネット申込はキャンペーンや割引を提供する「プロバイダ」経由で手続きを進めることが多く、料金の請求は別々になります。これとは逆に、NTT経由からプロバイダ申込も可能です。この場合、合算してNTTファイナンスからの請求となります(一部プロバイダを除く)。

フレッツ光+プロバイダの料金プラン

フレッツ光とプロバイダ料金の合計金額が「フレッツ光」サイトからシミュレーションできます。

\今すぐチェックする/

まとめ

以上、NTTの「フレッツ光ネクスト」回線基本料をまとめました。

料金は単独でNTTとひかり回線を契約した場合です。インターネット利用にはプロバイダ(別料金)が必要なため、NTTはプロバイダパックも提供しています。

2015年にNTTの光回線卸売りが始まり、ひかり回線は自由化されました。

NTTの光回線とプロバイダサービスを同時に提供する「光コラボ」が誕生し、インターネット代が安くなりました。

この記事で紹介したNTTの「フレッツ光ネクスト」基本料金で契約すると、おそらく光コラボよりもインターネット代が高くなります

それでも、光コラボは「本当に安いのか?」

疑問を持たれた方は、ぜひご確認ください。

参考サイト(NTT)


【2020年】 おすすめの光インターネット 月額料金の比較
光インターネットのシェア約7割を占めるNTT。高速ブロードバンド回線「フレッツ光ネクスト」を提供しています。 この光回線とインターネット接続サービスを合わせて提供するのが光コラボレーション(...
タイトルとURLをコピーしました