光コラボの次世代通信規格【IPv6】IPoE/IPv4 over IPv6とは?料金比較も

スポンサーリンク

IPv6サービス

昨今、インターネット接続サービスを選ぶ上で、重要なワードとなるのが通信規格(プロトコール)の「IPv6」。

現在、通信規格はIPv4から利便性の高いIPv6へ移行中です。

KDDIが提供する「auひかり」は、IPv4とIPv6、どちらでも対応できるデュアルスタック方式を採用。申込手続き、追加料金なしでIPv6に対応しています。

シェアの大半を占めるNTTの「フレッツ光」は、IPv4とIPv6をトンネリング方式で共存。IPv6の対応はプロバイダ(接続事業者)に依存します。

従来のフレッツ光インターネットサービスは、回線(NTT)とプロバイダーが別契約でしたが、現在は契約が一つになった「光コラボレーションモデル」が主流です。

この記事では、フレッツ光回線と接続サービスを合わせて提供する光コラボレーション(光コラボ)のIPv6接続サービスについて書いていきます。

スポンサーリンク

IPv6とは

IPv6(Internet Protocol version 6)とは、現在主に使用されているIPアドレスの規格であるIPv4の後継規格です。

IPv4アドレスの約43億個に対し、IPv6アドレスは約340澗(1澗=1兆×1兆×1兆)個のIPアドレスが利用できます。

2011年4月15日、アジア太平洋地域にIPアドレスを分配しているAPNIC及び我が国のIPアドレスを管理するJPNICにおいてIPv4アドレスの在庫が枯渇しました。これを受け、我が国の通信事業者等においては、既に分配を受けたIPv4アドレスを有効に活用しつつ、IPv6を早期に導入することが重要となっています。

IPoE方式とPPPoE方式

インターネットの接続方式はIPoE方式PPPoE方式の2通り。次世代のIPoE方式は、従来のPPPoE方式よりも、データ容量と通信速度が上がります。

IPoE

IPoE(Internet Protocol over Ethernet)方式とは、直接インターネットに接続する方式。そのため「ネイティブ方式」とも呼ばれます。

PPPoE

PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)方式とは、ISP(Internet Services Provider)経由でインターネットに接続する方式。

接続にはプロバイダ発行のIDとパスワードが必要になります。

IPoE方式のIPv6接続

IPoE方式はIPv6専用の接続方式です。

これまで主流のインターネット接続はPPPoE方式の接続です。この接続方式は、ISP(プロバイダー)ごとに用意されたネットワーク終端装置(NTE)を利用します。

通信が混雑する時間帯夜間など、このネットワーク終端装置にトラフィックが増加するとボトルネックになり、通信速度が遅くなります。

そこで、ネットワーク終端装置を利用しないIPoE方式にすれば、速度遅延を起こすボトルネックを解消できます。

IPv6 IPoE /IPv4 over IPv6

IPv6テスト

出典:test-ipv6.com

IPv6専用のIPoE方式でインタネット接続をすると、IPv4にアクセスできなくなります。

 

現在はIPv4からIPv6へ移行途中のため、IPv6に対応していないサイトやサービスが圧倒的多数です。

そのためインターネット接続をIPoE方式にするだけでは、ほとんどのサイトが閲覧できなくなります。

そこで、登場した技術が「IPv4 over IPv6」。

現在、各事業者が提供しているIPv6接続は、IPv4 over IPv6通信もできるサービスです。

IPv4 over IPv6は、IPv6専用のIPoE方式にトンネリング技術(カプセル化)を用いてIPv4通信する技術です。

IPoE/IPv4 over IPv6が利用できれば、IPv4向けのサイトまたはサービスもIPv6でアクセスできます。

IPv4 over IPv6 設定後

IPv6テスト

VNE事業者

IPv6 IPoEの接続サービスはVNE(Virtual Network Enabler)と呼ばれる事業者からプロバイダに提供されています。

サービス名 VNE 方式
v6プラス 日本ネットワークイネイブラー MAP-E
IPv6オプション BIGLOBE
OCNバーチャルコネクト NTTコミュニケーションズ
Transix インターネットマルチフィード DS-Lite
Xpass アルテリア・ネットワークス
IPv6高速ハイブリッド BBIX・ソフトバンク 4rd/SAM

IPoE方式のトンネリング技術とは、IPv4をIPv6にカプセル化する技術です。カプセル化にはいくつかの方式があります。

代表的な方式が「MAP-E」と「DS-Lite」。

IPv4 over IPv6通信をするには、カプセル化の方式に対応するホームゲートウェイまたはルーターが必要です。

光コラボの月額料金

「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」を提供する主な光コラボをピックアップ。

ドコモ光だけは唯一、プロバイダが選べる光コラボです。IPv6の対応はプロバイダで決まります。「ドコモ光対応プロバイダのIPv6対応状況 (PDF)」がネットで公開されています。

ドコモ光の月額料金は2種類。選択するプロバイダによって月額料金が変わります。プロバイダをOCNや@niftyにすると料金は200円上がります。

ご注意ドコモ光

月額料金だけを見れば、プロバイダ直営の光コラボは、ドコモ光よりも料金が安いです。

マンションタイプ

光コラボ 月額料金 契約期間 解約金
ドコモ光 4,000
4,200
2年 8,000
【SoftBank 光】 3,800 2年 9,500
OCN光 3,600 2年 11,000
【ビッグローブ光】 4,080 2年 9,500
3,980 3年 20,000
【@nifty光】 3,980 2年 9,500
3,480円* 3年 20,000
【So-net光】 2年間1,980円
3年目以降4,480
3年 20,000
楽天ひかり 3,800 3年 9,500
ぷらら光 3,600
DTI 光 3,600
エキサイトMEC光 3,500
※@nifty光の3年契約は32ヶ月目以降に料金UP

戸建てタイプ

光コラボ 月額料金 契約期間 解約金
ドコモ光 5,200
5,400
2年 13,000
【SoftBank 光】 5,200 2年 9,500
OCN光 5,100 2年 11,000
【ビッグローブ光】 5,180 2年 9,500
4,980 3年 20,000
【@nifty光】 5,200 2年 9,500
4,600円* 3年 20,000
【So-net光】 2年間2,980円
3年目以降5,580
3年 20,000
楽天ひかり 4,800 3年 9,500
ぷらら光 4,800
DTI 光 4,800
エキサイトMEC光 4,500
※@nifty光の3年契約は32ヶ月目以降に料金UP

IPv6対応ルーターのレンタル

VNE事業者のIPv6接続サービスは、プロバイダのサービスとしてインタネット契約者に提供されています。

IPv6サービス利用の申し込み要否や接続対応機器は、各光コラボの公式サイトから確認できます。

光コラボのIPv6サービスは無料で利用でき、ルーターも無料でレンタルできます。一部の光コラボでは、専用のルーターを有料レンタルする必要があります。

ソフトバンク光

ソフトバンク光BBユニット

ソフトバンク光のIPv6サービスには「光BBユニット」のレンタルが必須です。市販のIPv6対応ルーターだけではIPv6接続ができません。

光BBユニットのレンタル料は467円/月

光BBユニットはオプションのひかり電話(467円/月~)とWiFiマルチパック(990円/月)にも必要です。まとめて契約すれば、オプションパック(セット割)として500円/月になります。

ソフトバンクのスマホ代が安くなる「おうち割光セット」は、上記のオプションパックが必須です。

つまり、ひかり電話が必要でない方がIPv6サービスを利用するには、光BBユニットレンタル料として月額467円が必要になります。無料では利用できません。

【SoftBank光】のメリットとおすすめ代理店のキャッシュバックを紹介
※表示価格は特に断りがない限り税別です SoftBank 光とは SoftBank光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」の1つです。SoftBank社独自の光ファイバー網を使ったサービスでは...

エキサイト光

エキサイト光は月額料金が最安クラスの光コラボ。ですが、IPv6接続サービスは提供していません。

IPv6接続は通信の速さを約束するサービスではないので、料金の安さは魅力です。

それでも、IPv6接続を望む場合は、月額+140円の「エキサイトMEC光」があります。エキサイト光と同様、契約期間&解約手数料なしで契約できます。

【excite光】はフレッツ光から転用・乗り換えにお薦めな光コラボ
携帯電話の料金についてはよく話題になりますが、光インターネットの料金はあまり関心がないような気がします。 一度光インターネット契約をすると、携帯のように気軽に乗り換えができないと思われて...

まとめ

現在はIPv4のみに対応するサイトやサービスがほとんどです。IPv6に対応できなくてもすぐに困ることはありませんが、国はIPv6の導入を普及促進しています。

次世代型のIPoE方式IPv6は、従来のPPPoE方式IPv4で生じる速度遅延を解消することもできます。

今後、IPv6が主流になるのは間違いありません。引っ越しやインタネット契約の更新を機会に、光コラボへの転用・事業者変更と同時にIPv6サービスを導入するのがおすすめです。

原則、IPv6サービスは無料で利用できますが、専用ルーターが必要な光コラボではレンタル代等が必要になります。

光コラボ選びは月額料金の他に、キャリアスマホの「スマホ割」、ひかり電話、セキュリティサービスを含めて検討すればおトクになる場合があります。

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...
光コラボの事業者変更を解説、IPv6接続方法とIPv4 over IPv6方式に注意
出典:NTT西日本 フレッツ光から光コラボへの『転用』に続き、2019年7月1日から、工事不要で光コラボから光コラボへの『事業者変更』が可能になりました。 ひかり電話の番号変更もなしで...
タイトルとURLをコピーしました