光コラボの「事業者変更」手順を解説、接続先変更とIPv6に要注意

スポンサーリンク

事業者変更

出典:NTT西日本

フレッツ光から光コラボへの『転用』に続き、2019年7月1日から、工事不要で光コラボから光コラボへの『事業者変更』が可能になりました。

ひかり電話の番号変更もなしで、光コラボの乗り換えが可能です。

これまでは光コラボを一旦解約すると、電話番号も解約に。そのため、同じ電話番号を継続的に使うのが困難でした。

この記事では光コラボ事業者変更の手順と注意点を解説します。

 

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...
スポンサーリンク

光コラボの事業者変更手順

光事業者変更

光コラボ事業者変更の手続きは、NTT東日本・NTT西日本の公式サイトで公開されています。

NTT東日本 | 事業者変更に伴うNTT東日本とのオプションサービスご契約にあたり、ご確認いただきたい事項 | 事業者変更のお手続き | 各種お手続き | サポート | フレッツ光
光コラボレーション事業者様が提供する光アクセスサービスの事業者変更のお手続きのページです。FLET'S光で、光インターネットをはじめよう!光回線、Wi-Fi(無線LAN)、IP電話など【フレッツ光公式 | NTT東日本】
コラボ光の事業者変更|NTT西日本公式│フレッツ光
コラボ光の事業者変更をご検討中のお客さまへご案内ページ。NTT西日本の提供する光回線を「フレッツ光」、光コラボレーション事業者が提供する光回線を「コラボ光」と呼びます。NTT西日本公式サイト。

手続きは始めに、現在契約中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を受け取ります。通常、契約中の光コラボ事業者サイト「My page」等から申請できます。

次に、移転先の事業者へ申し込み。契約者名と利用する住所、以下を伝えます。

  • 事業者変更承諾番号
  • NTTお客様ID(CAFまたはLで始まる番号)
  • ひかり電話番号※利用中の場合

事業者変更承諾番号の有効期限は発番日を含めて15日間。この間に申し込み手続きを完了します。

有効期限を過ぎた承諾番号は無効になります。
無効となった場合、現在契約中の解約申請は解除となり、引き続き契約は継続になります。再度、事業者変更承諾番号を申請することも可能です。

携帯電話のMNPと手順は似ていますが、大きく異なるのは有効期限内に移転する必要がないことです

事業者変更のスケジュール

  • 月始め
    契約中の光コラボに「事業者変更による解約申請」
    会員サイト等から申請
  •  
    「事業者変更承諾番号」の発番
    メール通知。有効期限は発番日から15日間
  •  
    移転先の光コラボへ「事業者変更による利用申込」
    電話または公式サイトから申込
  •  
    書類到着
    接続ID、パスワード等が記載
  • 月末
    光コラボの移転
    (接続先の設定変更)

光コラボの解約は、月額利用料金の日割りがなく月末解約。一方、契約時は日割り(または無料)が一般的です。

事業者変更による解約申請は月始めにするのが最もスムーズに行きます。

移転時のトラブルに備え、月の下旬に契約の重複期間を設けてスケジュールを組むのがおすすめです

利用中のインターネット環境はそのまま

光コラボの事業者変更は、利用中の回線(フレッツ光ネクスト)はそのまま。インターネットの接続事業者だけを変更します。

光コラボ事業者からレンタル中のNTT製OUNまたはホームゲートウェイは、事業者変更の際に返却する必要はありません

ひかり電話の一般的なオプションもそのまま引き継げます。
※プロバイダ独自のサービス等は不可のため要確認

工事費なしで、インターネット環境を変えることなく、ONUまたはホームゲートウェイもそのまま継続利用するのが事業者変更です

光コラボの事業者変更はIPv6接続に注意

事業者変更前に、IPv6サービスを利用中の場合は注意が必要です。IPv6通信方式やIPv6サービスの申込の要否によって、移設日の接続切り替え手順が異なります。

IPv6の通信方式はIPoE方式とPPPoE方式の二種類。IPv6サービスは契約時から提供される場合と申し込みが必要な場合があります。

IPv6の通信方式はIPoE方式が主流、大手プロバイダはすべてこの方式です。このIPv6サービスを、申し込みなしで利用できるプロバイダ間の事業者変更は問題ありません。
申し込みが必要なプロバイダからの事業者変更には注意が必要です。接続先の切り替え方法について、事前に確認することをおすすめします。

IPv4 over IPv6通信

IPv4overIPv6

IPv6の通信方式がIPoE方式の場合は「IPv4 over IPv6」通信に対応しています。

「IPv4 over IPv6」とは、IPv4通信でもIPv6(IPoE)の経路上を通れるようにする技術のことです。IPv4(PPPoE)接続が不要になれば、インターネット接続のためのIDとパスワードも不要になります。

IPv6サービスを申し込みなしで利用できる場合は、「IPv4 over IPv6」接続のために別途IPv6対応のWi-Fiルーターが必要になります。無料でレンタルできるケースが殆んどです。
※IPv6対応Wi-Fiルーターを利用しない場合はIPv4(PPPoE)接続になります

IPv6サービスの申し込みが必要な光コラボは、ホームゲートウェイだけでも「IPv4 over IPv6」接続ができることがあります。
※未対応のホームゲートウェイもあります

事業者変更の際は、Wi-Fiルーターの要不要についても確認が必要です。

まとめ

光コラボの解約は、月額料金に日割りがありません。月末解約になります。このため、事業者変更は月末または下旬に移転日を設定するのがおすすめです。

IPv6サービスを利用中、事業者変更をする場合は、接続先の切り替え方法について事前に利用中の光コラボ事業者へご確認ください。
「事業者変更による解約申請」だけでは、移転予定日に切り替えができない光コラボ事業者があります。

高速通信が期待できるIPv6(IPv4 over IPv6)接続でも、多くは対応のWi-Fiルーターがなければ従来のIPv4(PPPoE)接続になります。

 

【DTI光→ぷらら光】光コラボの事業者変更をやってみた
光コラボの事業者変更をしました。おすすめ記事 光コラボ事業者とは、変更の手順新しく始まった制度のため、直ぐに正確な情報を事業者から得るが困難でした。両事業者に電話問い合わせをするも、異なるアドバイスに戸惑うばかり。正しいと思われる情報に行き
タイトルとURLをコピーしました