楽天ひかりへ事業者変更、Wi-Fiルーター設定のDS-LiteはXpass(クロスパス)

スポンサーリンク

楽天ひかり

自宅の光インターネットを「ぷらら光」から「楽天ひかり」に変更しました。どちらのサービスも光コラボレーション。派遣工事なしで事業者変更が可能です。

「DTI光」→「ぷらら光」→「楽天ひかり」。2回目の事業者変更。

光コラボレーションとは、NTTフレッツ光回線とインターネット接続サービスをワンストップで提供する回線事業者です。

事業者変更で気をつけなければならないのはIPv6接続(IPoE/IPv4 over IPv6)サービスの継続。接続方法が事業者によって異なるからです。

今回は特に、IPv4 over IPv6の方式も変わります(MAP-E→DS-Lite)。Wi-Fiルーターの設定変更が必要です。

Wi-Fiルーターには回線自動判別機能が搭載されています。それでも、自動判別できないケースが楽天ひかりではあります。メーカー正式サポートのルーター以外を利用する場合は注意が必要です。

スポンサーリンク

光コラボレーションの事業者変更

事業者変更を行った光インターネットの環境と、変更前後の光コラボレーション(光コラボ)詳細は以下のとおりです。

光インターネット環境

  • 光回線:フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼
  • オプションサービス:ひかり電話
  • ホームゲートウェイ:NTT「PR-500KI」
  • 場所:名古屋市

<変更前>光コラボ「ぷらら光」

以下の光コラボから転出しました。

  • 光コラボレーション事業者:ぷらら光
  • プラン:ぷらら光 ホームタイプ
  • 利用期間:2019年7月29日~2020年7月31日
  • IPv4 over IPv6:MAP-E方式
  • 利用Wi-Fiルーター:I-O DATA「WN-AX1167GR2

※WN-AX1167GR2は楽天ひかりIPv4 over IPv6(DS-lite)の実機検証済みルータ一として楽天モバイル公式サイトに掲載されています


【ぷらら光】は契約期間・違約金なし、転用または賃貸におすすめの光コラボ
※表示価格は特に断りがない限り税別です ぷらら光とは 「ぷらら光」はNTTコミュニケーションズグループのNTTぷららが運営する光コラボレーション。 NTT東日本・西日本のフレッツ光回線とイン...

<変更後>光コラボ「楽天ひかり」

以下の光コラボに転入しました。

  • 光コラボレーション事業者: 楽天ひかり
  • プラン:楽天ひかり ファミリープラン
  • 利用期間:2020年7月31日~
  • IPv4 over IPv6:DS-Lite方式
  • 利用Wi-Fiルーター:NEC「Aterm WG1200HS4

※WG1200HS4はキャンペーン特典として楽天ひかりから提供されたルーターです


【楽天ひかり】IPv6で通信速度UP、楽天市場のお買い物でポイントUP
※表示価格は特に断りがない限り税別です 楽天ひかりとは 2019年7月1日、楽天モバイル株式会社は楽天コミュニケーションズ株式会社から「楽天コミュニケーションズ光」を事業継...

【楽天ひかり】の開通(事業者変更後)

事業者変更による楽天ひかりの開通日、時間帯について何ら予告はありません。

気がつかないうちに変わるのかなー

当日17:00頃、インターネットの切断を確認。16:30まではメール受信ができています。16:00-17:00間に切り替え工事が完了したようです。

一時的な切断ではなく、インターネットがまったく接続できません。

前回の事業者変更では、変更後はIPv4サイトに接続できないものの、IPv6サイトは接続できました。今回はIPv6サイトにも繋がりません。

ホームゲートウェイを確認すると、光回線には問題がないようです。

であれば、Wi-Fiルーターに問題か?

楽天ひかりから届くWi-Fiルーターがまだ手元にないため、ぷらら光で利用のルーターを接続したままです。

ぷらら光のIPv4 over IPv6はMAP-E方式。楽天ひかりのIPv4 over IPv6はDS-Lite方式です。

ルーターには回線自動判別機能がありますが、自動で設定変更ができないのかもしれません。

MAP-E

早速、ルーターの管理画面にアクセス。するとIPv4 over IPv6はMAP-E方式のまま。手動でDS-Liteに変更して設定。

しかし、インターネットに繋がりません・・・

あれこれ弄っても、リセットしても効果なし。

一旦IPv6接続を諦め、ホームゲートウェイにパソコンを接続。パソコンからIPv4 PPPo接続の設定を行い、インターネットに接続できました。

前事業者のIPv6契約が残っていた?

楽天モバイル公式サイト「よくある質問」によると

楽天ひかり以外の事業者様でIPv6サービスを解約されていないお客様におかれましては、サービスの解約をお願いいたします
楽天ひかり以外のIPv6サービスをご利用いただいている状態では、楽天ひかりでIPv6接続の開通を行うことができなくなります

出典:楽天モバイル「よくある質問 

ぷらら光のIPv6サービスが残っていてるため、楽天ひかりのIPv6サービスが利用できないのか?

確かに、前回の事業者変更では、前事業者のIPv6サービスが月末まで残った経験があります。

楽天ひかりの開通日は月末なので、IPv6接続チャレンジは翌日に延期しました。

【楽天ひかり】I-O DATA製Wi-FiルーターからIPv6接続

楽天ひかり開通の翌日

再度、Wi-FiルーターI-O DATA「WN-AX1167GR2」からインターネット接続を試行。

月が変わっても、楽天ひかりのIPv6接続はできません。ぷらら光のIPv6は関係なかったようです。ルーターを初期化してもだめでした。

新しいルーターが届くのを待つか

と諦めかけたところ

楽天モバイル公式サイト「よくある質問」に、「アイ・オー・データ製ルータの接続設定方法」を見つけました。

「IPv4 over IPv6(DS-Lite)」の設定にミスがあったようです。

Ds-Lite設定

ルーター管理画面、インターネット接続方法で「IPv4 over IPv6(DS-Lite)」選択、AFTRアドレスは空欄のままで設定を実行。

すると、アドレスは「gw.transix.jp」に自動設定されました。実はこれが間違い。このアドレスではインターネット接続ができません。

①IPv6機能のチェックは、お客様環境により変わります。
∟ひかり電話契約 ”無”の場合 ⇒「IPv6ブリッジ」を選択
∟ひかり電話契約 “”の場合 ⇒「DHCPv6-PD」を選択
②AFTRアドレスに、「dgw.xpass.jp」を入力します。
③「設定ボタン」をクリックします。

出典:楽天モバイル「よくある質問

AFTRアドレスを指定通り「dgw.xpass.jp」にするとIPv6接続できます。しかし、IPv4サイトが閲覧できません。IPv4 over IPv6が有効でないようです。

そこで、MAP-E方式のときと同様に、IPv6機能チェックを「IPv6ブリッジ」にしてみると、IPv4サイトも閲覧可能に。

ひかり電話契約 ”有”⇒「IPv6ブリッジ」で、IPv4サイトも閲覧可能になりました。IPv4 over IPv6が有効になったようです。ひかり電話も問題なく使えます。

公式サイトのミスなのか?(2020・08時点)
何れ是正されるかもしれません

楽天ひかりのDS-LiteはXpass(クロスパス)

DS-Liteといえば、一般的にはインターネットマルチフィード社のIPv6接続サービス「transix」を指します。

ところが、楽天ひかりのDS-Liteは「transix」ではありません。アルテリア・ネットワークス社が提供する「Xpass(クロスパス)」です。

楽天ひかり対応ルーターでも、回線自動判別機能はDS-Lite=transix(gw.transix.jp)と判断するのかもしれません。その場合は、手動でAFTRアドレスをXpassのアドレス「dgw.xpass.jp」に書き換えなければなりません。

楽天ひかり正式サポート NEC製「Aterm WG1200HS4」

楽天ひかり開通から8営業日以内に発送される、キャンペーン特典のNEC製Wi-Fiルーター「Aterm WG1200HS4」が3営業日(開通から5日)後に届きました。

WG1200HS4はメーカーが正式に楽天ひかり接続をサポートするルーターです。

このルーター、ネットショップで探しても見つかりません。スペックは「Aterm WG1200HS3」と同じ。楽天ひかり用にチューニングされたルーターかもしれません。

気になるのは、WG1200HS3に搭載のブースト機能【IPv6 High Speed】。公式サイトを見る限り、WG1200HS4には搭載されていません。

正式サポートのルーターはDS-Lite「クロスパス」を自動判別

Wi-FiルーターWG1200HS4は設置するだけで、すぐにインターネットにIPv6接続(IPoE/IPv4 over IPv6)できます。

IPv4 over IPv6(DS-Lite)の設定は必要ありません。

ルーター管理画面を確認すると

WG1200HS4設定1

動作モードは「Xpass(クロスパス)」。AFTRのFQDNは「dgw.xpass.jp」。すべて自動設定。IPv4 over IPv6(DS-Lite)はXpass(クロスパス)と判別します。

試しに自動判定を「OFF」にすると、動作モードが選択できます。

WG1200HS4設定2

メーカー正式サポートのルーターは、実機検証済みルータ一でもできないクロスパスの自動判別ができるのかもしれません。

光コラボの次世代通信規格【IPv6】IPoE/IPv4 over IPv6とは?料金比較も
昨今、インターネット接続サービスを選ぶ上で、重要なワードとなるのが通信規格(プロトコール)の「IPv6」。 現在、通信規格はIPv4から利便性の高いIPv6へ移行中です。 KDDIが提...

Aterm ユーザーズマニュアル

NEC公式サイトのユーザーズマニュアルを確認すると

WG1200HS4とほぼ同スペックのWG1200HS3の動作モードには「クロスパス」がありません。

楽天ひかり IPv6速度テスト

楽天ひかりの通信速度はどうなのか?早いのか?

GoogleとFAST.comで測定してみました。タイミングによって数値はばらつきますが、平均的なデータをセレクトしました。

測定場所と使用パソコンは同じ。接続方法は有線LAN(最大1000mbps)です。

ぷらら光の速度テスト

ぷらら光速度

ぷらら光の速度テスト

WiFiルーターはI-O DATA「WN-AX1167GR2」

ぷらら光の速度は、FAST.comのアップロード速度が毎回高い数値を出す傾向がありました。

楽天ひかりの速度テスト

光コラボ変更後(ぷらら光→楽天ひかり)

楽天ひかりの速度をテスト。

楽天ひかり速度1

IO-DATEルーター

Googleの速度テストでは、楽天ひかりの速度がアップ傾向。一方、FAST.comでは、楽天ひかりは速度ダウンの傾向です。

テストサイトとの相性があるのでしょうか?

事業者変更による速度変化は、感覚として、大きな変化はありません。

楽天ひかり IPv4(PPPoE)速度テスト

楽天ひかり、IPv4 PPPoE接続の速度テストも行いました。

楽天ひかりIPV4接続

大幅に速度ダウンです。

ぷらら光では、IPv4 PPPoE接続でも大きな速度変化はありませんでした。楽天ひかりのIPv4 PPPoE接続はかなり遅いです。

2日間連続で試しましたが、3桁の数値が出ることはありませんでした。

まとめ

光コラボの事業者変更は今回で2回目。

1回目の事業者変更では、IPv6接続(IPoE/IPv4 over IPv6)設定をホームゲートウェイからWi-Fiルーターに変更する方法を学び、2回目の今回はDS-Liteについて学びました。

DS-Lite=transixだと思ってました。

楽天ひかりのDS-Liteは違います。MNO(移動体通信事業者)の電話アプリ「Rakuten Link」と同様、一般的な仕様ではありません。そのため、メーカー正式サポートのルーターを利用しない場合は、開通時にインターネット接続で躓きます。

光コラボの事業者変更は、変更直後に接続できなくなるリスクが常につきまといます。できる限りリスクを避けたい場合は、事業者が提供するWi-Fiルーターを利用するのが間違いありません。

同じフレッツ光回線を利用する光コラボの事業者変更では、変更後の通信速度に大差がないのは経験済みです。今回の変更でも実感できるほどの差はありません。

DS-Lite以外で、楽天ひかりについて分かったことは、IPv4 PPPoE接続では速度が遅いことです。楽天ひかりは必ずIPv6接続(IPoE/IPv4 over IPv6)でご利用ください

楽天回線非対応スマホは着信音が鳴らない!?【Rakuten UN-LIMIT】
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天回線対応製品で使うことが必須です。 申し込み時は、念押しの確認があります。 「Rakuten UN-LIMIT」は、製...
タイトルとURLをコピーしました