【ぷらら光】は契約期間・違約金なし、転用または賃貸におすすめの光コラボ

ぷらら光

※表示価格は特に断りがない限り税別です

ぷらら光とは

「ぷらら光」はNTTコミュニケーションズグループのNTTぷららが運営する光コラボレーション。
NTT東日本・西日本のフレッツ光回線とインターネット接続サービス「ぷらら」をひとつにした光コラボレーション「ぷらら光」は、通信速度最大1Gbpsのインターネットサービスです。

「ぷらら光」は同じく光コラボレーションのドコモ光(ドコモ光 for ぷらら)よりも安く利用できます。数ある光コラボレーションの中でも月額料金は最安値クラス。
従来のフレッツ光回線お使いの方は、工事不要で乗換え(転用)ができます。

ぷらら光の料金

ぷらら光の料金は光コラボレーションの中でも最安値クラスです。

工事費はフレッツ光と同額(上乗せ金額なし)。
事務手数料と契約期間なし、月額料金も安く利用できます。

※本記事の金額はすべて税抜き表示

ぷらら光 初期費用

事務手数料:0円

開通派遣工事費(屋外/屋内)
一括または分割払いから選択

集合住宅 15,000円 500円 x 30
戸建住宅 18,000円 600円 x 30

屋内工事のみは共通で7,600円(30回分割可)
無派遣工事の場合は2,000円

フレッツ光からの転用、光コラボの事業者変更は原則工事費なし

詳細はぷらら光「工事費(PDF)」でご確認ください。

ぷらら光 月額費用

ぷらら光は条件なしで、月額料金が安い。

集合住宅 3,600円
戸建住宅 4,800円

契約期間と違約金

ぷらら光には契約期間がありません。いつ解約しても違約金なし。

キャンペーンでキャッシュバックを受けた場合、新規は3年以内、転用・事業者変更は2年以内に解約するとキャッシュバックを返金しなければなりません

 

違約金ではありませんが
契約時の開通派遣工事費を30回分割支払いにした場合、解約時に残債があれば一括返還しなければなりません。

ぷらら光+ひかりTV

ぷらら光が提供するイチオシのオプションは「ひかりTV」。

「ひかりTV」とは、NTTぷららが運営する映像配信サービス。基本放送プランは「フレッツ・テレビ(750円/月)」よりもチャンネル数が多く、ビデオ配信サービスも提供しています。

「ひかりTVセット割」と「ひかりTV2ねん割」、2つの割引適用で、ひかりTVが月額900円から利用できます。

ひかりTV プラン 月額基本料金 セット割 2ねん割
基本放送プラン 1,000円
テレビおすすめプラン 2,500円 -600円 -1,000円
ビデオざんまいプラン 2,500円
お値うちプラン(テレビ&ビデオ) 3,500円

テレビおすすめプランは、50ch以上の専門チャンネルが定額で見放題のお得なパック。
ビデオざんまいプランは、ビデオ作品が見放題。随時タイトルは入れ替わり。

  • セット割:ひかりTVとぷらら光の利用料金の合計から600円割引
  • 2ねん割:ひかりTVの利用料金から1,000円割引
    25ヶ月目以降は通常料金。2年未満に解約すると違約金9,000円発生

割引適用期間のイメージ(PDF)

視聴には、ひかりTV対応チューナー内蔵テレビまたは外付けチューナーが必要。チューナーは購入またはレンタル(500円/月)できます。

「ひかりTV2ねん割」が適用される場合は、チューナーのレンタル料金が割引適用開始月~12ヶ月間500円割引。13ヶ月目以降は、通常のレンタル料金になります。

ぷらら光のオプション

ぷらら光電話:月額500円

ぷらら光電話プラス」に申し込むと
回線オプションサービスがまとめておトクになります。

月額基本料金 500円 ぷらら光電話プラス
なら
全部で1,500円

無料通話480円分が
ついてくる
オプションサービス
1.発信者番号表示 400円
2.番号通知リクエスト 200円
3.通話中着信 300円
4.着信転送 500円
5.着信拒否 200円
6.着信お知らせメール 100円
合 計 2,200円

※サービス内容はフレッツ光「ひかり電話」と同じ

「ぷらら光」と「ドコモ光 for ぷらら」の料金比較

「ぷらら光」は「ドコモ光 for ぷらら」よりも安いです。

ドコモ光 for ぷらら 集同住宅 4,000円
戸建住宅 5,200円
ぷらら光 集同住宅 3,600円
戸建住宅 4,800円

ぷらら光はドコモ光よりも400円安く利用できます。

ドコモユーザーの方は
ドコモ光セット割で、ぷらら光よりも安くなります。ただし、ドコモ光は2年契約限定。期間内の解約は違約金が発生します。

【ドコモ光】ネット申し込みでキャッシュバック、ケータイ/スマホの料金も安くなる
※表示価格は特に断りがない限り税別です ドコモ光とは ドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。 形式上は回線とインタ...

 

ぷらら光v6エクスプレス(IPv4 over IPv6)接続

従来のPPPoE方式
ぷらら光V6
次世代IPoE方式
ぷらら光v6

出典:ぷらら光

ぷらら光は開通したその日から「ぷらら光v6エクスプレス」。次世代通信技術「IPoE方式のIPv6(IPv4 over IPv6)」でインターネット接続できます。

従来のPPPoE方式よりも快適に利用できます。

申し込みと料金は不要。
標準で「ぷらら光v6エクスプレス」は提供されます。

IPv6対応 Wi-Fiルーターの無料レンタル

ぷらら光v6エクスプレス

IPv4通信をIPoE方式(IPv4 over IPv6)で利用するには、IPv6対応のWi-Fiルーターが別途必要になります。

IPv6対応ルーターなしでも、IPv4通信は従来のPPPoE方式で利用できますが、それでは「ぷらら光v6エクスプレス」のメリットが生かせません。

ぷらら光ではIPv6対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。契約後の申し込みは公式サイトの「マイページ」からできます。

ぷらら光の申込先

ぷらら光の申し込みは公式サイトから。

事務手数料0円

集合住宅:3,600円
戸建住宅:4,800円

契約期間:なし

ぷらら独自のセキュリティ機能も標準で提供。

  • 迷惑メール振り分け機能
  • 送信メールウィルスチェック(受信メールは有料)
  • 有害サイトブロック「ネットバリアベーシック」

 


ドコモ光 for ぷらら」が気になる方

Plalaドコモ光

事務手数料3,000円

集合住宅:4,000円
戸建住宅:5,200円

契約期間:2年間

ドコモ光はプロバイダが自由に選べる光コラボレーション。「ぷらら」以外のプロバイダも選ぶことができます。

ドコモユーザーの方は、ドコモ光と比較の上ご検討ください。

ぷらら光に転用

フレッツ光+プロバイダ の契約から単独の光コラボ「ぷらら光」に変更(転用)するには
先にNTT・フレッツ光の「転用承諾番号」を取得します。

転用手続きはこちらの記事をご参照ください

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...

ぷらら光に事業者変更

光コラボ から「ぷらら光」に変更するには
先に契約中の光コラボから「事業者変更承諾番号」を取得します。

事業者変更手続きはこちらの記事をご参照ください

光コラボの「事業者変更」手順を解説、接続先変更とIPv6に要注意
出典:NTT西日本 フレッツ光から光コラボへの『転用』に続き、2019年7月1日から、工事不要で光コラボから光コラボへの『事業者変更』が可能になりました。 ひかり電話の番号変更もなしで...

まとめ

「ぷらら」はNTTグループのISP(インタネットサービスプロバイダ)。信頼と実績がある老舗のプロバイダです。

従来の「フレッツ光+ぷらら」よりも月額料金は安く、原則工事費なしでフレッツ光から転用(乗り換え)ができます。

光コラボレーションの中でも、ぷらら光は月額料金が最安値クラス。しかも、契約期間なし、事務手数料なしで契約できる唯一の光コラボレーションです。

契約期間がない光インターネット契約は、賃貸マンションでの利用に大きなメリットをもたらします。お部屋の退去(解約)時、光インターネットの違約金がかかることはありません。

光コンセントが設置済みの賃貸であれば、工事費の負担が少なくなります。
フレッツ光から転用であれば、工事費は必要ありません。
契約期間なし、初期費用と月額料金の安さが「ぷらら光」のメリットです

\初期費用と月額料金は最安/
契約期間はありません

 

【光コラボの比較】携帯キャリアの光とプロバイダの光、どっちがお得か?
NTTのフレッツ光回線、現在はNTTに代わり「光コラボレーション(光コラボ)事業者」が提供しています。 光コラボとは、フレッツ光回線とインターネット接続(プロバイダ)を1事業者が合わせて提供...

 

Plala ドコモ光
タイトルとURLをコピーしました