【So-net光プラス】は2年間限定で安く、auユーザーにお得な光コラボ

So-net光プラス

※表示価格は特に断りがない限り税別です

So-net光 プラスとは

『So-net光 プラス』はソニーグループのインターネットプロバイダ「So-net・ソネット」が運営する光コラボレーション。

So-netは「フレッツ光」「ドコモ光」「auひかり」のプロバイダ。独自に「nuro光」を提供する回線事業者でもあります。

フレッツ光回線を利用中なら工事不要で「So-net光 プラス」に乗り換え可能。利用中の回線品質はそのまま、月々の利用料金がお得になります。

光コラボ「So-net光 プラス」は、同じく光コラボの「ドコモ光+So-net」よりも、2年間限定で料金が圧倒的に安くなります。

更にauスマホ/ケータイ/タブレットをご利用中なら、「So-net光×auスマートバリュー」で月額料金を割引 。 ネットもスマホも料金がお得になり、家族全員の通信費が削減できます。

So-net光 プラスの料金

So-net光プラスの新規契約は注意が必要です。

開通工事費は分割払いになります。集合住宅は4年間、戸建住宅は5年間。

光インターネットの契約期間(3年間)と工事費の分割期間が異なります

以下、契約時の初期費用と月額料金を公式ページより抜粋しご紹介します。
※金額はすべて税抜き表示

So-net光 プラス 初期費用

事務手数料:3,000円

開通工事費:24,000円*

集合住宅 500円x48ヶ月
戸建住宅 400円x60ヶ月

So-net光プラスの新規契約は、開通工事費が一律24,000円。無派遣工事の場合でも工事費は同額です。

転用、事業者変更での申し込みは原則、工事不要になります。

工事費は分割払い。毎月割引になり実質工事費が0円。解約時に残債がある場合は一括払いになります。

最初の契約更新時に、解約金なしで解約できても、工事費の残債が請求されます。

例えば37ヶ月目で解約した場合
  • 集合住宅は、500円x11ヶ月=5,500円の請求
  • 戸建住宅は、400円x23ヶ月=9,200円の請求

So-net光 プラス 月額費用

So-net光プラスの月額料金は2年間限定で割引があります。

1~24ヶ月 25ヶ月以降
集合住宅 1,980円 4,480円
戸建住宅 2,980円 5,580円

 

契約期間と解約金

So-net光は「サービス開始日」を1カ月目とし、そこから36ヶ月間が契約期間。

契約は自動更新されます。契約更新期間(37ヶ月目と38ヶ月目)に解約されない場合は解約金がかかります。

解約金は一律20,000円

So-net光 プラス オプション

So-net光電話:月額500円~
※内容はフレッツ光「ひかり電話」と同じ

So-net光テレビ:月額750円
※事務手数料、工事費が別途必要

v6プラス対応WiFiルーター:月額400円 永年無料!
ルーターはNECプラットフォームズ「Aterm WG1200HS3」

So-net安心サポート:月額300円 最大12ヶ月無料!
専用電話番号へお問い合わせ。パソコンやインターネット、その他周辺機器などの疑問や不安をリモートサポート(パソコン遠隔操作)します

So-netくらしのお守り:月額450円 最大12ヶ月無料!
自宅建屋内の水回り、玄関鍵、窓ガラスのトラブル発生時に、専門業者がトラブルの応急処置を行います


セキュリティソフト「S-SAFE」が無料

インターネット使用時間の制限やWeb閲覧制限も可能。最大7台までインストールでき、家族全員で安全にインターネットが利用できます。

訪問設定サポートが無料

専門のスタッフが自宅に出向き、インターネットの接続、無線LANルーターに関する設定を行います。面倒な設定はSo-netが代行。安心してスムーズにネットが利用できます。

So-net光 プラスとドコモ光(So-net)の料金比較

「ドコモ光(So-net)」の事業は 2019年7月1日付で株式会社NTTぷららに事業譲渡されました
ドコモ光(So-net) 集同住宅 4,000円
戸建住宅 5,200円
So-net光プラス 集同住宅 1,980円
 ↑3年目以降 4,480円
戸建住宅 2,980円
 ↑3年目以降 5,580円

So-net光プラスは2年間限定で、ドコモ光(So-net)よりも安いです。ただし、解約金が高い(2万円)ので注意が必要です。

【ドコモ光】ネット申し込みでキャッシュバック、ケータイ/スマホの料金も安くなる
※表示価格は特に断りがない限り税別です ドコモ光とは ドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。 形式上は回線とインタ...

ドコモ光はドコモスマホのセット割があります。

So-net光プラスを選べば、auスマホの料金が安くなります

auスマートバリュー

auスマートバリュー

キャリアケータイ/スマホと光インターネットをセットにすればお得です。
  • ドコモユーザーはドコモ光の「ドコモ光セット割」
  • SoftBankユーザーはSoftBank光の「おうち割光セット」
  • auユーザーはauひかりの「auスマートバリュー」

auひかり以外に、So-net光も「auスマートバリュー」の対象です

au家族割

auスマートバリューは家族全員が対象、離れて暮らしていても大丈夫。auスマホの料金が1人当たり最大2,000円/月 安くなります。
auスマートバリューの詳細

auスマートバリューの割引適用には「So-net光電話」の申し込みが必要です。

So-net光 プラスは「v6プラス」でIPv6に対応

So-net光v6プラス

So-net光プラスは「v6プラス(IPv4 over IPv6)」通信が標準。IPv6の利用に手続きは不要です。

IPv6・IPv4どちらに対応したサイトでも快適にインターネットが利用できます。

「v6プラス」に対応したWiFiルーター「Aterm WG1200HS3」は無料でレンタルできます。

So-net光 プラスの申込先

So-net光プラスは公式サイトから申し込みできます。

So-net光 プラスに転用

フレッツ光+プロバイダ の契約から単独の光コラボ「So-net光 プラス」に変更(転用)するには
先にNTT・フレッツ光の「転用承諾番号」を取得します。

転用手続きはこちらの記事をご参照ください

NTTフレッツ光+プロバイダ契約から【光コラボ】に転用する手続き方法
出典:NTT西日本 契約中の光インターネットがNTTフレッツ光+プロバイダ契約の場合、料金が安くなる光コラボに違約金なしで乗り換え(転用)ができます。ただし、開通工事費の残債があれば、原則引き継...

So-net光 プラスに事業者変更

光コラボ から「So-net光 プラス」に変更するには
先に契約中の光コラボから「事業者変更承諾番号」を取得します。

事業者変更手続きはこちらの記事をご参照ください

光コラボの「事業者変更」手順を解説、接続先変更とIPv6に要注意
出典:NTT西日本 フレッツ光から光コラボへの『転用』に続き、2019年7月1日から、工事不要で光コラボから光コラボへの『事業者変更』が可能になりました。 ひかり電話の番号変更もなしで...

まとめ

So-net光プラスの新規契約は工事費に注意。特にマンションタイプ。

室内に光コンセントがあり、無派遣工事になった場合でも工事費は派遣工事と変わらず高額です。分割された工事費は毎月割引となり実質無料ですが、4年(戸建ては5年)の長期間です。

解約金なし、工事費の残債なしで解約するには最低6年間利用しなければなりません。

以上により、引越しを前提とした賃貸ではおすすめできません。

 

So-net光プラスをおすすめできるのは、住まいが持家でスマホがauの方

「auひかり」を契約しなくても、So-net光プラスでauスマートバリューが使えます。auひかりが利用できない建物またはエリアでも、NTT回線を利用してauスマホの料金を安くできます。

 

So-net光はウィルス対策セキュリティソフトが永年無料。セキュリティがセットになった、安全な光インターネットです。

 


 

【光コラボの比較】携帯キャリアの光とプロバイダの光、どっちがお得か?
NTTのフレッツ光回線、現在はNTTに代わり「光コラボレーション(光コラボ)事業者」が提供しています。 光コラボとは、フレッツ光回線とインターネット接続(プロバイダ)を1事業者が合わせて提供...
タイトルとURLをコピーしました