大手携帯キャリア4G・5Gプランとサブブランドの料金比較【docomo/au/softbank】

大手携帯キャリアの料金比較

日本のケータイ料金は高すぎる?

「4割は引き下げられる」とすが総理が苦言を呈しています。

キャリアを解約し、格安SIMを利用する者からすれば、高すぎる実感がありません。驚いたことに、格安SIMのシェアはまだ2割しかないようです。
※UQmobile、Y!mobileを含む

通信が混みあう時間帯は速度が遅いからかな

格安SIMにも問題点はいろいろとありますが、月額料金を安くすることが目的であれば、格安SIMの利用が一番。

店舗での対面契約、通信の安定性も望む場合は、サブブランドがおすすめ。キャリアのメインブランドよりも安く利用できます。

UQやY!mobileは通信速度の評価が高いよね

キャリアの優位な点は、安定した高速通信と大容量プラン、最新のハイエンドスマホが契約できることです。この点にメリットを感じなければ、無駄に料金を払うことになります。

政府の値下げ圧力があっても、キャリアは単純な料金値下げは行わないようです。なんでも、「20GBで5,000円以下のプラン」で要請に応えるのだとか-。

なんと
20GBで3,000円以下になった!

ところで
現在、キャリアの料金はいくらなのか?
どんな料金プランがあるのか?

以下まとめてみました。

スポンサーリンク

大手キャリアの月額料金比較

大手キャリアの料金プランはすべて通話機能付き。家族間通話無料です。

国内通話料は22円/30秒。

通話オプションの月額料金

5分無料 かけ放題
docomo 770円 1,870円
au 880円 1,980円
softbank 880円 1,980円

大容量プランの月額料金

データ量 定期なし 2年定期
docomo 5G-無制限 7,315円
4G-60GB 7,205円 7,018円
au 無制限 7,238円
softbank 無制限 7,238円

従量(1GB~7GB)プランの月額料金(縛りなし

~1GB ~2GB ~3GB ~4GB ~5GB ~7GB
docomo 3,465円 4,565円 5,665円 6,765円
au 3,465円 5,115円 6,765円
softbank 3,278円 4,378円 5,478円

5Gと4Gは同料金。docomoとauは料金が187円安くなる2年定期契約もあります。

サブブランドの料金比較

3大キャリアから料金が大幅に安くなる、オンライン専用のサブブランドが誕生しました。

  • docomoの「ahamo(アハモ)」
  • auの「povo(ポヴォ)」
  • SoftBankの「LINEMO(ラインモ)」

月額料金

サブブランド 20GBプラン 通話オプション
docomo
ahamo
2,970円 ※5分内無料込み
au
povo
2,728円 5分内無料:550円
かけ放題:1,650円
SoftBank
LINEMO
2,728円 5分内無料:550円
かけ放題:1,650円

各社ともシンプルに20GBプランのみです。

auとSoftBankは、従来より店舗申し込みが可能な格安SIM(サブブランド)も提供しています。

  • au回線の「UQ mobile
  • SoftBank回線の「Y!mobile

月額料金

格安SIM 3GB 15GB 25GB
UQ mobile 1,628円 2,728円 3,828円
Y!mobile 2,178円 3,278円 4,158円

UQ mobileは余ったデータ容量を翌月に繰り越し可能。

Y!mobileは「家族割引」「おうち割」を提供。Yahoo!プレミアム会員費が込み、お得に買い物ができます。

通話オプション月額料金

10分内無料 かけ放題 60分/月
UQ mobile 770円 1,870円 550円
Y!mobile 770円 1,870円

 

【ドコモ】料金プラン

ドコモショップ

通話オプション

  • 国内5分通話無料オプション:770円
  • 国内かけ放題オプション:1,870円

「はじめてスマホプラン」のみ
国内5分通話が無料。国内かけ放題オプションが1,100円。

5G/Xi(4G)のギガホプレミアム・ギガライトプラン

月額料金

プラン データ量 定期契約なし 2年定期契約
5G ギガホ プレミア 使い放題 7,315円
~3GB 5,665円
ギガホ プレミア ~60GB 7,205円 7,018円
~3GB 5,555円 5,368円
5G ギガライト
ギガライト
~7GB 6,765円 6,578円
~5GB 5,665円 5,478円
~3GB 4,565円 4,378円
~1GB 3,465円 3,278円
はじめてスマホ 1GB 1,815円 1,793円

「2年定期契約」の途中解約は違約金1,100円。

テザリングの制限はありません。

ギガホプランは容量超過後も以下の速度で利用可能。
・ギガホプレミアムは送受信最大1Mbps
・ギガライト、はじめてスマホは送受信最大128kbps

オプション割引

【ドコモ光】ネット申し込みでキャッシュバック、ケータイ/スマホの料金も安くなる
※表示価格は特に断りがない限り税別です ドコモ光とは ドコモ光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」のひとつ。プロバイダが固定されていない不思議な光コラボです。 形式上は回線とインタ...

サブブランド「ahamo」との比較

docomoの従量制プラン「ギガライト」とサブブランド「ahamo」の月額料金比較

1GB 3GB 5GB 7GB 20GB
ギガライト 3,465円 4,565円 5,665円 6,765円
ahamo 2,970円

【au】料金プラン

auショップ

通話オプション

  • 通話定額ライト2(国内5分通話無料):880円
  • 通話定額2(国内通話かけ放題):1,980円
通話定額2/通話定額ライト2 | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au
auスマートフォンの料金プラン、通話定額2/通話定額ライト2。電話をよく掛けるなら、国内通話が無料の「通話定額2」か5分以内の国内通話が無料の「通話定額ライト2」を別途お申し込みください。データ定額と合わせてご利用いただけるauのおトクな料金・割引プランをご紹介します。

5G/4G対応の使い放題MAX・ピタットプラン

月額料金

プラン データ量 定期契約なし 2年定期契約
使い放題MAX 5G
使い放題MAX 4G
使い放題 7,238円
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
~7GB 6,765円 6,578円
~4GB 5,115円 4,928円
~1GB 3,465円 3,278円

データMAXプランはデータ利用量が合計3GB以下の月は1,650円割引

注意事項
  • 定期契約の途中解約は違約金1,100円
  • 混雑時や動画などへの通信制御があります
  • テザリングなどのデータ容量上限は合計30GB

オプション割引

KDDI【auひかり】インタネット料金と「auスマートバリュー」スマホ割引のまとめ
携帯電話「au」のKDDIは、光インターネットサービス「auひかり」を提供しています。携帯とインターネットを合わせて契約すると、au携帯の料金が安くなる「auスマートバリュー」を提供しています。 ...

エンタメサービス付きパック

使い放題MAX 5G ALL STARパック

データMAX 5G ALL STARパック

使い放題MAX 5Gプラン料金 +2,750円で、テザリング上限が80GBにUP。さらに以下の定額制見放題/聴き放題サービスが利用できます。

  • Netflix
  • Apple Music
  • YouTube Premium
  • TELASA
使い放題MAX 5G with Amazonプライム

with Amazon

使い放題MAX 5Gプラン料金 +770円で、テザリング上限が60GBにUP。さらに以下の定額制見放題/聴き放題サービスが利用できます。

  • TELASA
使い放題MAX 5G/4G テレビパック

テレビパック

使い放題MAX 5G/4Gプラン料金 +1,870円で、テザリング上限が70GBにUP。さらに以下のテレビ局SVOD(定額制見放題)サービスが利用できます。

  • TELASA(テレビ朝日)
  • Paravi(TBS&テレビ東京)
  • FOD(フジテレビ)
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック

Netflixパックamazon prime

使い放題MAX 5G/4Gプラン料金 +1,100円で、テザリング上限が60GBにUP。さらに以下のSVOD(定額制見放題)サービスが利用できます。

  • Netflix
  • TELASA

amazon prime」も付いてきます。

サブブランド「UQ mobile」「povo」との比較

auの従量制プラン「ピタットプラン」とサブブランド「UQ mobile」「povo」の月額料金比較

1GB 3GB 4GB 7GB 15GB 20GB 25GB
ピタットプラン 3,465円 5,115円 6,765円
UQモバイル 1,628円 2,728円 3,828円
povo 2,728円
KDDI(au)サブブランド【UQ mobile】新料金プランを解説
KDDIのサブブランド「UQ mobile」。メインブランド「au」よりも安価なプランが魅力です。 サブブランドとは、キャリア回線を直に利用することです。MVNO(格安SIM)と異なり、混雑...

【Softbank】料金プラン

SoftBankショップ

通話オプション

  • 準定額オプション+(国内5分通話無料):880円
    準定額オプション(国内5分通話無料):550円
  • 定額オプション+(国内通話かけ放題):1,980円
    定額オプション(国内通話かけ放題):1,650円
基本プラン 基本プラン(音声)/基本プラン(データ) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
基本プランは、機種をご利用される場合に必ずお申し込みが必要な料金プランです。

5G/4G対応のメリハリ無制限・ミニフィットプラン

月額料金

プラン データ量 定期契約なし
メリハリ無制限 5G/4G 使い放題 7,238円
ミニフィットプラン+
(使った分だけ)
~3GB 5,478円
~2GB 4,378円
~1GB 3,278円
スマホデビュープラン 3GB 2,178円

SoftBankの料金プランに定期契約はありません。

テザリングなどのデータ容量上限は合計30GBまで。

メリハリ無制限プランはデータ利用量が合計3GB以下の月は1,650円割引

オプション割引

【SoftBank光】のメリットとおすすめ代理店のキャッシュバックを紹介
※表示価格は特に断りがない限り税別です SoftBank 光とは SoftBank光はフレッツ光回線を利用する「光コラボ」の1つです。SoftBank社独自の光ファイバー網を使ったサービスでは...

「家族データシェア」の料金

家族データシェア データ量 月額料金
家族データシェア100 100GB 27,500円
家族データシェア50 50GB 17,600円
家族データシェア15 15GB 13,750円
家族データシェア10 10GB 10,450円

データシェア月額使用料:550円

[データシェア]「データシェアプラス」と「家族データシェア」との違いを教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク
ソフトバンクのサポートのページです。 製品・サービスに関するサポート情報や通信障害、メンテナンス情報などをご紹介します。

 

サブブランド「ワイモバイル」「LINEMO」との比較

SoftBankの従量制プラン「ミニフィットプラン+」とサブブランド「Y!mobile」「LINEMO」の月額料金比較

1GB 2GB 3GB 15GB 20GB 25GB
ミニフィット 3,278円 4,378円 5,478円
Y!mobile 2,178円 3,278円 4,158円
LINEMO 2,728円
SoftBankサブブランド【Y! mobile】ワイモバイルの料金プランとキャンペーンを解説
「Y!mobile(ワイモバイル)」の前身はイー・アクセス(イーモバイル)。ソフトバンクが買収後にウィルコムと合併。社名を「ワイモバイル株式会社」に。 一見すると「Yahoo!ブランド」みた...

SoftBankの再販SIM(データ通信専用)

大手キャリアは2019年、データ通信専用プランの新規申込み受付を終了しました。

ところが、事業者向けに提供するSoftBankのデータ通信専用SIMが、「再販SIM」として市場に出回っています。

大容量データ通信が可能なこの再販SIMは、格安SIMよりも安く、しかも高速で利用できます。

月額料金

事業者 100GB 50GB
FUJI SIM 4,290円 3,190円

 

 

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT Ⅴ」

料金プラン

Rakuten UN-LIMIT Ⅴの料金プランはワンプラン。

1GBまでなら0円。
20GB超化後はどれだけ使っても2,980円(税込3,278円)/月。

しかも、音声通話料はアプリを使えば無料です。

 

\ 詳しくはこちら /
楽天モバイルのデータ使い放題【Rakuten UN-LIMIT Ⅵ】は電話代もタダになる
2020年4月8日、楽天モバイルはMNOサービス「Rakuten UN-LIMIT」を開始。 従来のMVNOサービス(ドコモ回線・au回線)は、新規受付を終了。 「Rakuten UN...

さいごに

スマホ/ケータイの購入先でキャリアを選ぶ1番の理由は、店舗が近くにあること。端末が使えるまでの設定は店員がすべて行ってくれます。機械操作が不得手な方でも安心して購入できます。

一方、オンライン専用のサブブランドや格安SIMは、すべての設定を自分でやらなければなりません。簡単な説明書は同封されているものの、スマホには取扱説明書がありません。利用までのハードルが高いのかもしれません。

また、格安SIMは通信品質が安定しないのもネックです。

政府の値下げ圧力より通信費は大きく下がりました。次はキャリアがMVNO(格安SIM)に提供する帯域等の改善を指導して頂きたいです。

キャリアのサブブランドと人気のMVNO(格安SIM)音声対応プラン料金比較
通信キャリアのサブブランドと格安SIMの音声付料金プランをまとめました。 毎月の通信費、もっと安くしませんか? ※表示価格は税込みです \キャリアの料金はコチラ/ キャリア(MNO...
タイトルとURLをコピーしました